【クレジットカード構成】茶髪が保有しているクレジットカード紹介&使いこなし方解説




今回は茶髪の保有しているクレジットカードの紹介をしていきます。

茶髪のように旅行好き、エアライン好きの方は少なからずいらっしゃると思うので、そんな方々の参考になればと思い記事を書くことにしました。

世の中には年会費が無料にも関わらず、お得なクレジットカードがたくさん存在します。

それらを組み合わせることで、各々の環境に合った最適な環境を作ることができると思いますので、この記事を参考にして、最適なクレジットカード構成を考えるきっかけとしてもらえればと思います。

茶髪のクレジットカード発行方針

クレジットカードを発行する際に気にすることは、年会費、貯まるポイントの種類、還元率、カードの利用特典の4つかと思います。

茶髪の基本方針は、上記4項目に対して以下のような方針としています。

・貯めるポイントはJALマイル(もしくはJALマイルに変換可能なポイント)

・エアライン関係のステータス維持には年会費がかかっても問題なし

・その他カードはなるべく年会費をかけない

・旅行で役に立つ特典付きカードを発行


以降、茶髪がメリット感じている点はピンク色デメリットに感じている点は青色で示します。

メインカード(普段使い)

まずは茶髪が普段多くの場面で利用しているメインカードを紹介します。

JALグローバルクラブCLUB-Aゴールドカード(Suica)



・年会費:実質15,900円(税込み20,900円) ※JREポイント5000ポイント=5000円相当が自動付与

・還元率:1~2%(Suicaチャージで1.5%)

・ブランド:JCB

・特長:JAL上級会員JGC・ワンワールドサファイア資格、カードラウンジ利用、ショッピングマイルプレミアム自動加入、Suica内蔵、各種VIEWカード特典、ETC年会費無料

【関連ポイント変換】
JREポイント→JALマイルレート 1500ポイント→1000マイル(レート0.75)


茶髪がメインで使用しているカードは、JALカードSuicaゴールドです。

このカード、普通のJALカードゴールド特典に加えて、VIEWカードのゴールド特典も着いている、鉄道とエアライン好きにはとてもおすすめのカードです。

JALカードの特約店で還元率が2%になるのはもちろんのこと、JR東日本関係のサービスであるSuicaチャージやみどりの窓口での切符や定期券購入でもJREポイントを貯めることができ、JALマイルのへの変換や普通列車のグリーン券にお得なレートで変換することが可能です。

また、茶髪の場合はJALの上級会員であるJGCを維持するために、このカードを保有しています。

JGC維持だけであれば、ゴールドではないCLUB-Aカードで十分ですが、メインカードとして使用する場合、ゴールドのほうがお得になるケースもあるため、茶髪はあえてゴールドカードを利用しています。

デメリットはあまりないのですが、あえて上げるとすればブランドがJCBのみということです。

海外旅行時に利用することができないのと、KyashのようなプリペイドカードやQRコード決済に登録できないことが多々あるので、そこだけが不満点です。


詳細は下記記事にて紹介しているのでこちらを御覧ください。

【過去関連記事】
【JALマイラー&鉄ちゃん用の最強カード】JALカードSuica CLUB-A ゴールドの紹介

準レギュラーカード(場合により決済)

続いてメインカードほどの利用頻度はありませんが、場合によって利用することのあるサブカードの紹介をします。

JALカード Master




・年会費:2,160円(ショッピングマイル・プレミアム加入の場合+3300円)

・還元率:1~2%(ショッピングマイル・プレミアム加入時)

・ブランド:Master


メインカードのJALカードSuicaゴールドがJCBブランドのため、JCBが利用できない場合はJALマイルを貯めるためにMasterブランドの一般カードを利用しています。

大学院生時代のJGC修行時に併用カードとして作成したJALカードnaviから、卒業後切り替えてそのまま使っているカードになります。

以前Masterカードがこのカードしか無かったため保有を続けていましたが、年会費がかかること、還元率を1=2%にするためには年間3300円の別途支払いが必要となるため、あまりお得なカードとはいえません。

今後は後述する年会費が無料の高還元カードである、リクルートカードを準レギュラーにして、このカードは解約しようと思っています。

年会費が2160+3300円もかかるのはもったいないですからね。

リクルートカード




・年会費:無料

・還元率:1.2%(Pontaポイント)

・ブランド:Master

【関連ポイント変換】
Pontaポイント→JALマイルレート 2ポイント→1マイル(レート0.5)


上記のJAL普通カードの代替え用として作成したカードが、リクルートカードになります。

リクルートカードは年会費無料に関わらず、1.2%の高還元率なことが特長のカードです。

貯まるポイントはPontaポイントのため、JALカードと0.5レートで変換することが可能です。

また、極稀にPontaポイントの交換レートが上昇するキャンペーンがあるので、その際にまとめてPontaポイントからJALマイルに変換するのがおすすめです。

Pontaポイントは1ポイントでも利用履歴があれば期限が延長されるため、実質期限がないことも特長です。

JALカード利用時よりは還元率が下がってしまいますが、年会費無料なため今後準レギュラーとして使用予定です。

特典のみ利用カード

ここからは、クレジットカードに付帯している特典を利用するために維持しているカードを紹介します。

あくまで決済には利用せず、自宅で保管しているカード達になります。

そのため、なるべく年会費無料カードや、年会費が安いカードの構成となっています。

エポスゴールドカード(年会費無料化済み)




・年会費:無料

・還元率:0.5%~1.25%

・ブランド:VISA

・特長:ゴールドカードレベルの国内・海外旅行保険が自動付帯


1枚目は、エポスゴールドカードです。

このカードは、ノーマルのエポスカードを利用して一定基準の利用額を越えると、年会費永年無料のゴールドカードを申し込むことが可能になります。

茶髪は以前、日常の少額決済をエポスカードで繰り返すことにより無料ゴールドカードを手に入れました。

このカードの魅力は、年会費無料にも関わらず、ゴールドカードの様々な特典を受けることできることです。

いろいろな特典がありますが、その中でも茶髪が魅力に感じているのは海外旅行保険の自動付帯特典です。

年会費無料のこのカードを持っているだけで、海外旅行保険が自動で適用されるのです。

海外旅行に行く頻度が高い人は、いちいち旅行保険に申し込んでいると結構なお金がかかってしまうと思いますので、そんな方にはおすすめのカードです。


詳細は以下の記事で紹介していますので、こちらを御覧ください。

【過去関連記事】
【実録】年会費無料エポスゴールドカードを手に入れるまでの記録&エポスゴールドカードの紹介




イオンゴールドカード(年会費無料化済み)



・年会費:無料

・還元率:0.5%

・ブランド:Master

・特長:全国のイオンラウンジ利用可能、国内・海外旅行保険利用付帯


2枚目のカードは、イオンゴールドカードです。

このカードも上記のエポスゴールドカードと同様に、一定額イオンカードを利用することで、年会費無料のゴールドカードに変更することが可能です。

イオンゴールドカードの特長の一つが、年会費無料にも関わらず、ゴールドカードレベルの国内・海外旅行保険が付いていることです。

ただし、自動付帯でなく利用付帯なので、航空券の購入やホテルの支払いなどをこのカードで支払う必要があります。

航空券購入だと還元率が低いので気になりますが、空港までの切符の支払いでも問題ないとのことなので、なるべく少額決済の旅行費用をイオンゴールドカードで支払い、他の高額な支払いはメインカードで支払うのがおすすめです。

楽天プレミアムカード(3年間年会費無料キャンペーン登録済み)




・年会費:無料(通常は10,000円)

・還元率:1%

・ブランド:Master

・特長:海外旅行保険自動付帯、プライオリティパス無料発行


3枚目は2018年末に開催されていた、年会費3年間無料キャンペーンに申し込み作成した楽天プラチナカードになります。

通常では年会費が1万円かかりますが、それが無料になるとのことで申し込みをしました。

このカードのメリットは、プライオリティ・パスが無料で発行できることです。

つまり、楽天プレミアムカードの年会費を支払うだけでプライオリティ・パスが手に入るのです。

プライオリティ・パスは通常発行すると3万円ほどの利用料が取られるので、このカードを作ったほうがお得です。

また、茶髪の場合は3年間年会費無料なので、実質3年間無料でプライオリティ・パスを維持することができています。

セゾンアメックスゴールド(年会費無料キャンペーン登録済み)




・年会費:無料(年1回以上の利用が必要)

・還元率:0.75%

・ブランド:AMEX

特長:海外旅行保険自動付帯、ポイント期限なし、JALマイルレートアップオプションあり


4枚目はセゾンアメックスゴールドカードです。

このカードは通常11,000円の年会費が必要ですが、セゾンクラッセというセゾンカードのアプリが提供するスコアを増やすことで、年1回利用で年会費無料になるキャンペーンを過去に実施しており、そのキャンペーンを利用して申し込みました。

おそらく現在あるクレジットカードの中で、唯一アメックスブランドで年会費が無料のゴールドカードだと思います。

特長としては、ゴールドカードレベルの海外旅行保険が自動付帯していること、永久不滅ポイントに期限がないことです。

永久不滅ポイントはJALマイルに変換することが可能なので、有効期限を気にせず実質JALマイルを貯めることが可能です。

またセゾンクラッセのスコアを最高ランクにすると、カード自体の還元率が1.25%となり高還元率カードへと化けます。

また、JALマイルを別途貯めることができるオプションのセゾンマイルクラブに申し込むと、1.375%のレートでJALマイルを貯めることができるカードへと大化けします。

しかもカード自体は年会費無料ですので、必要なのはセゾンマイルクラブの年会費のみ。

今後、スコア6を達成した際には、メインカードへと昇格する可能性がある優良なクレジットカードです。

ベトナムエアラインズカード



・年会費:5500円

・還元率:0.5%

・ブランド:VISA

・特長:ベトナムエアラインズチタニウム資格付与(スカイチームエリート相当)


5枚目はベトナムエアラインズカードです。

名前の通り、ベトナムのフラグシップエアラインのロータスマイルが貯まるクレジットカードです。

このカードの特長は、カードを保有しているだけで、ベトナムエアラインの上級会員であるチタニウム会員が付与されるということです。

チタニウム会員はスカイチームエリート資格に相当します。

エリートプラスではないのでラウンジの利用はできませんが、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できたり、格安航空券を購入しても座席の指定ができたりと、年会費5500円だけで上級会員のサービスを堪能することができます。

スカイチームのエアラインをよく利用する方にはおすすめのカードです。


詳しくは下記記事にて紹介しているので、こちらを御覧ください。

【過去関連記事】

三井住友カード(年会費無料キャンペーン登録済み)



・年会費:永年無料

・還元率:0.75%

・ブランド:Master


6枚目は三井住友カードの普通カードです。

ゴールドカードでもないこのカードをなぜ申し込んだかというと、1つは年会費が永年無料になったこと、もう一つが20%還元キャンペーンを実施していたからです。

通常普通カードは年会費がかかるのですが、新カードにデザインが変更になったタイミングで、永年年会費無料のキャンペーンを実施していたため、申し込みました。

また、同タイミングで利用額の20%を還元するキャンペーンも実施していたため、これはとてもお得だと判断しました。

20%還元の上限額まで利用した後、現在では自宅で利用せずに保管されている状態です。

今後年会費もかからないので、とりあえずは予備カードとしてしばらく死蔵させておこうと思います。

デビット・プリペイドカード

ここまでクレジットカードを紹介してきましたが、少々ジャンルが異なるプリペイドカードについても紹介したいと思います。

Kyashリアルカード




・年会費:無料(カード発行手数料900円

・還元率:1%(ただしクレジットカードからのチャージが可能

・ブランド:VISA


このカードは、スマートフォンのアプリから仮想のクレジットカードを発行できるサービスの、リアルカードです。

VISA・Masterブランドのクレジットカードからチャージをすることが可能で、クレジットカードとKyash側で2重還元を受けることが可能です。

例えば、茶髪の準サブカードであるJAL普通カードからKyashへチャージをした場合、

JALカード側で1%還元+Kyash側で1%ポイント還元となり、実質2%還元のカードとして利用することができます。

最近ICチップ付きの新リアルカードの発行が開始されたので、茶髪も早速申し込み、最近ではスーパーなどの日常決済で利用しています。

JAL GLOBAL WALLET




・年会費:無料

・還元率:円→外貨両替0.5%(200円両替で1マイル)
    ショッピング利用0.5%(200円利用で1マイル)

・ブランド:Master


このカードは、JALと住信SBIネット銀行が提携して発行している、海外での利用をメインとしたプリペイドカードです。

スマートフォンやPCからカードに日本円をチャージすると、WEB上で外貨と両替を行うことができ、渡航先のATMから外貨を引き出すことができるという便利なカードです。

また、Masterブランドも付帯しているので、クレジットカードが利用可能な店舗であれば直接カードを掲示しても利用することができます。

クレジットカードと違い15歳以上であれば審査なしで簡単に発行することができるので、学生の人や、クレジットカードのキャッシング機能は使いたくない人にはおすすめのカードです。

イオン銀行デビットカード




・年会費:無料

・還元率:0.5%

・ブランド:JCB


このカードは、ネットバンクのイオン銀行のキャッシュカード兼デビットカードです。

上記のJAL GLOBAL WALLETを手に入れるまでは、海外旅行時にATMから外貨を引き出すために利用していました。

クレジットカードのキャッシングが手数料・レートともに最安値となるのですが、学生時代キャッシング枠があるクレジットカードを持っていなかったので、代替用としてこのカードを作成しました。

イオン銀行は他銀行のデビットカードに比べて手数料やレートが安いため、おすすめです。


詳しくは下記記事にて紹介していますので、こちらを御覧ください。

【過去関連記事】
【旅の準備】海外での現金調達用にイオン銀行の口座を開設しよう

おまけ:クレカ特典によるエアライン上級会員維持

ここまでいくつかのクレジットカードとデビットカード、プリペイドカードを紹介してきました。

冒頭でも少し触れましたが、茶髪のクレジットカードの基本構成は、エアライン関係のマイルやステータスが最優先です。

そこで、ここで簡単にクレカ特典によるエアライン上級会員維持方法についてまとめたいと思います。


【エアラインステータスと維持クレジットカード】

■ワンワールド
 マイレージ会員:JGCサファイア(ワンワールド サファイア)
      (JALグロ-バルクラブカードCLUB-AゴールドSuicaで維持)

■スカイチーム
 マイレージ会員:ロータスマイル チタニウム(スカイチーム エリート)
        (ベトナムエアラインズカード付帯特典で維持)

■プライオリティ・パス(スカイチーム・LCC利用時のラウンジ入室用)
 楽天プレミアムカードの特典で維持


このように、メインカードのJALカードSuicaと、ベトナムエアラインカード、楽天プラチナカードのプライオリティパスにより、クレカを保有するだけで上記のようにエアライン上級会員を維持しています。

特にスカイチームについては、エリート資格でラウンジ利用ができないため、それを補うためにプライオリティ・パスを保有しています。

本当であればワンワールドのサファイアステータスだけで済ませたいのですが、ワンワールドは航空券が高いエアラインが多いことと、就航していない国が多々あるため、スカイチームの上級会員も保有するようにしています。

本音を言うと、スターアライアンスゴールドの資格を手に入れれば、これら2つの目的を一気に賄えるのではとも思うのですが、個人的にOWのエアラインが好きなのでこのような構成としています。

まとめ

今回の記事では、茶髪が保有しているクレジットカードの紹介をしてきました。

茶髪は基本的にJALマイルにポイントが集約できるように、クレジットカードを構成しています。

また、クレジットカードにはお得な特典が付いていることが多々あり、その中で旅行に役に立つカードをなるべく中心に発行しています。

個人的にはメインカードのJALカードCLUB-AゴールドSuicaと、セゾンゴールドアメックスが気に入っています。

JALカードのほうはSuicaチャージで1.5%還元が受けられるのが非常にメリットに感じています。鉄道利用でポイント還元されるカードは少ないですからね。

またセゾンゴールドカードは、年会費無料にも関わらず、セゾンクラッセのスコアを上げれば高還元率カードへと進化させることができるので、今後少しずつ利用してスコアアップを狙っています。

もしスコア6を達成した際には、メインカード昇格も考えてサイドラインナップを変更しようと思っています。


世の中には年会費無料にも関わらず、お得なクレジットカードがたくさん存在します。

巷のブログでは、マイラーならこのカードが必須!みたいな宣伝ブログが多々ありますが、そのような情報を鵜呑みにせず、自分に適したカードは何なのか考えるきっかけにしていただければと思います。

皆様も頭を捻って、自分の環境ではどのクレジットカードを組み合わせれば最適になるか、悩んでみてください。


0 件のコメント :

コメントを投稿