【ラウンジ訪問記】ネパール・カトマンズ トリブバン空港 EXECUTIVE LOUNGE訪問記|いつの日かファーストクラス

【ラウンジ訪問記】ネパール・カトマンズ トリブバン空港 EXECUTIVE LOUNGE訪問記




2019年のGWに実施した中国東方航空Cクラスでいくネパール一人旅。

先日までは往路のフライトやラウンジの訪問記を書いてきましたが、本記事からは復路の様子を書いていきます。

復路最初の記事は、ネパールの首都カトマンズにあるトリブバン国際空港のビジネスクラスラウンジの訪問記を書きたいと思います。

カトマンズトリブバン国際空港の概要




ラウンジ訪問記に入る前に、まずはカトマンズのトリブバン国際空港について簡単に説明します。

トリブバン国際空港はネパールの首都カトマンズにある国際空港で、ネパール内で最も大きな空港です。

首都の空港のため、世界各国からの便がこの空港に就航しています。

特にインドや中国、タイなどからの便が多いようです。





空港のターミナル自体はそれほど大きくなく、時間帯によっては混雑しています。

一階には各社のチェックインカウンターが並んでいます。

待合席はあまり多くありません。

また、ターミナル内にはお店も多くなく、お土産屋と軽食屋があるのみです。

空調もあまり効いておらず、暑い時期だと汗だくになります。

あまり空港で待ち時間を潰すのには適していないかもしれません。

EXECUTIVE LOUNGE訪問記



チェックインカウンター付近にいると暑いわ座席は無いわでさんざんな思いをしたので、チェックイン後早速ビジネスクラスラウンジに向かいます。

ラウンジは2階の出発口から出国審査を終えた直後にあります。

ここで注意が必要なのが、ラウンジは保安検査の前にあること。

出国審査後、そのまま歩いていくと保安検査場が現れるのですが、ラウンジはその手前、保安検査場に向かって右側にあります。

一見わかりにくい場所にあるので注意が必要です。

くれぐれも利用者は間違えないようにしてください。




トリブバン国際空港には今回茶髪が利用したEXECTIVE LOUNGEの他にタイ航空のラウンジもあります。

スターアライアンスのプラチナステータスを持っていればこちらのラウンジも利用できますが、茶髪はワンワールドのサファイア資格と、スカイチームのエリートプラスの資格しか持っていないため入ることができません。


ラウンジの案内に沿って歩いていくと、階段があります。

どうやらラウンジは保安検査場のある2階ではなく、3階にあるようです。





3階にやってくると、正面にラウンジとレストランの案内が現れます。

どうやら3階にはラウンジとレストランがあるようで、ビジネスクラス以外の利用客や、エアラインのステータスを持っていない場合はレストランを利用すると、待ち時間までの時間を潰すのに良いかもしれません。





早速カウンターでチェックイン時にもらったあラウンジ利用券と搭乗券を手渡し手続きをしてもらい、ラウンジ内に潜入しました。

今回茶髪はビジネスクラス利用なのでラウンジを元々利用可能でしたが、もしプライオリティパスを持っている場合も利用可能なようです。

茶髪の前に受付している方がプライオリティパスでラウンジに入っていたので、間違いないと思われます。





ラウンジは少々古さは否めませんが、清掃もされており綺麗な状態でした。

ラウンジ内の構造は、入り口付近に待合席があり、その横の通路沿いに飲食コーナー、さらにその奥にまた待合席があるといった配置です。

広さは想像していたよりは狭くなく、あまり国際線の発着便数が多くないためか混雑しておりませんでした。







飲食コーナーには、食べ物はパンやサンドイッチ、ご飯、中華系のおかずやスープがある他、軽食のお菓子類やフルーツも用意されていました。

また飲み物は、ジュースやコーヒー、お酒があるのはもちろんのこと、異様に紅茶の種類が多かったです。

さすが紅茶が有名なネパールだなと思いました。





せっかくなので、お昼ごはんを食べていなかったので茶髪もラウンジで食事をすることにしました。

もちろん料金は無料です。

最近海外旅行時は毎回ラウンジ飯をして食費を浮かせています…笑

ただし今回はビジネスクラス利用で機内食もあるため、量は少しだけにして、お酒も控えておきました。


ラウンジ内には写真は撮りませんでしたが、新聞類のサービスやシャワーも設置されています。

また、Wi-Fiも飛んでおり、カウンターでパスワードを書いた紙をもらうことが可能です。

喫煙室もラウンジ内にあるため、喫煙者は長いフライトの前にここでタバコを吸っておくと良いかもしれません。

まとめ

今回はネパールのカトマンズのトリブバン国際空港の国際線ターミナルにある、ビジネスクラス用共同ラウンジのEXECUTIVE LOUNGEの訪問記を書きました。

ビジネスクラス利用者はもちろんのこと、エアラインの上空会員やプライオリティパスを保有していれば使用することが可能なラウンジです。

トリブバン国際は待合席が全体的に少ないため、利用条件に合致していればここで搭乗まで時間を潰すことをおすすめします。

食べ物類や飲み物も充実しており、おすすめのラウンジです。

もしカトマンズへ訪れた際には、利用してみてはいかがでしょうか。


0 件のコメント :

コメントを投稿