【気になるニュース】9月度茶髪的気になるニュース




先月末からスタートした当ブログの新企画、茶髪的気になるニュース。

茶髪が気になった主に乗り物関係のニュースを一言コメントと共に紹介していくというものです。

今月も8月に引き続き、気が向いた時に随時更新していこうと思います。

毎日更新とはいきませんが、数日間隔で随時更新していく予定ですのでお読みいただけると幸いです。


☆最終更新日9月25日☆

9月25日追記分

最近本業が忙しくて更新を怠りがちです。すいません…

引用:sky-budget
温泉好きとしては成田空港の近くに日帰り温泉施設ができるのは嬉しいです。
成田空港は24時間営業ではないので、早朝便利用時等に使うのに便利そうですね。

引用:sky-budget
台湾の新興エアラインのスターラックス航空に関する記事です。2レターはJXということでJALのJLと似ていて少々紛らわしい気もします。
日本人先の観光地として人気の台湾ですが、エアラインの選択肢が増えるのは良いことです。

引用:sky-budget
ついに正式にスカイマークの国際線が発表されましたね。成田~サイパン路線と成田への送り込みを兼ねる中部路線のようですね。
現在成田空港~中部への直行便は他社にはないと思われるので、千葉茨城県民が愛知へ移動する際には便利そうです。

引用:sky-budget
中国の首都北京で開業する新空港、大興空港に関する記事です。新空港は都心からは少々離れていますが、*の形をした大規模な空港なようですね。
今後東方航空や南方航空等の中国国際航空以外のエアラインはこちらの空港を利用することになりそうですね。

引用:FlyTeam
今年もバルーンフェスタのシーズンがやってきましたね。大会開催中は長崎本線に臨時駅が設置されるので、鉄道を利用してのアクセスがおすすめです。
早朝の嘉瀬川沿いから一斉に離陸する気球は美しい光景ですので、ぜひ訪れてみてください。

引用:FlyTeam
昨年末に突如スカイチーム脱退を表明したCZ。昨今アメリカン航空など、ワンワールドのエアラインとコードシェアを多く結んでおりますが、今度はカタール航空とコードシェアを提携するとのことです。
現状2019年12月末まではマイレージサービス等はスカイチーム扱いとなっていますが、20年からは無加盟になるのか、それともワンワールドに加盟という流れになるのか…今後のCZに注目です。

引用:鉄道ファンニュース
今までネットで予約することができなかった寝台特急サンライズシリーズのきっぷですが、ついにノビノビ座席を皮切りに予約が可能になるようです。2020年からは通常の寝台席も予約が解禁されるようなので期待です。

9月10日追記分

デルタ航空、羽田発着の5路線を販売開始 羽田にもラウンジ開設予定
引用:FlyTeam
デルタ航空の成田撤退が最近のエアライン業界の中では話題になっていますが、羽田空港に移管後はどうやらラウンジもできるようです。
成田撤退で悲しい面もありますが、新しいデルタの日本戦略に期待です。

JR西日本、七尾線に521系投入へ 413系・415系を順次置き換え
引用:鉄道新聞
北陸新幹線開業に伴い北陸本線が第三セクター化して、JR西日本の飛び地になっている七尾線。その七尾線で現在も使用されている国鉄型の413・415系がついに置き換え開始されるようです。
以前の北陸エリアは、485系や583系を改造した419系、475系などが走り回る、国鉄型好きにとっては天国のような地でしたが、それもついに終焉のようです。
北陸地方は個人的に鉄道的にも旅先としても好きなエリアなので、また訪れたいです。

「どこかにマイル」、奥尻渡航促進キャンペーン延長 往復1,000マイルに引き下げ
引用:Traicy
どこかにマイルで新千歳・函館路線を引いた人が、そこからさらに奥尻島便に破格のマイル数で乗り継ぎができるというサービスが延長かつ、必要マイル数の引き下げが行われるようです。
なんと函館~奥尻島の必要マイル数は往復1000マイル。通常の往復航空券は12000マイル必要なことを考えると破格です。

タイ・ライオン・エア、日本線4路線でセール 片道9,900円から
引用:Traicy
個人的にLCCの中で最近興味があるのがタイ・ライオン・エア。
ライオン・エアというと、B737MAXの墜落事故で悪いイメージもありますが、LCCの中では機内食が出たり座席もエアアジア等と比較すると広く、値段の割には快適そうなイメージがあります。
日本からはタイのバンコク・ドンムアンまでの便が出ており、レガシーに比べると安く移動できるため、機会があったら使ってみたいなと思うエアラインの一つです。

9月8日追記分

三菱航空機、メサ航空がスペースジェット100機発注へ 協議開始で覚書
引用:Traicy
納入が当初の予定から7年遅れになっている三菱航空機のMRJシリーズ。
開発の遅れの影響でキャンセルされたりとマイナスな知らせが多い中、100機の大型発注は喜ばしいですね。
時間がかかっても良いので、安全で快適な国産旅客機を作り上げてほしいです。

グリーン車にプラス1,000円で”グランクラス”に JR東日本、「なすの」「あさま」限定「ふらっとグランクラス」を期間限定発売
引用:Traicy
JR東日本の新幹線の最上級クラスであるグランクラス。値段もかなり高額で気軽に使うことは少々厳しいですが、このようなサービスがあると気軽に使えるようになるので良いですね。
JALのクラスJを意識してなのか、+1000円という値段設定のようですね。

B777Xの耐久テストにおいてドアが吹き飛ぶトラブルが発生 B777Xの開発に影響か
引用:skybudget
ボーイングの次世代大型機であるB777Xシリーズの開発トラブルに関するニュースです。
B777XはANAも次世代主力機として導入予定なので、影響が出そうですね。
B737MAXシリーズの悪い印象が払拭できていない中、このようなニュースが流れると、ボーイング機の信頼が揺らいでしまいますね。

ANAマイルがJR九州のフリーきっぷに 2500マイルから交換可、5エリア設定
引用:乗り物ニュース
JR九州のフリーきっぷをANAマイルで購入することができるサービスが開始されるようです。
JALにもどこかにマイル利用時にJALマイルでJR九州のフリーパスを購入できるサービスがありますが、ANAの場合は羽田発の九州便利用時に利用ができるようです。
エアライン&鉄道のハイブリット旅は相性が良さそうなので、良いサービスだと思います。

11月30日開業の相鉄・JR直通線、運行計画を発表 1日46往復、新宿以北直通は6往復
引用:Traicy
関東私鉄の中で、個人的に影の薄かった相鉄。その相鉄がついに念願のJRとの直通運転を開始します。
相鉄線エリアは、都内からのアクセスが不便でしたが、直通運転が開始されるとかなり容易になるのではないでしょうか。
また相鉄は今後東急との直通も控えています。今後の相鉄は影の薄さが払拭される気がします。

“世界最小最薄”おサイフ対応スマホ「Rakuten Mini」を写真でチェック 「あの端末」と似ている?
引用:ITmedia NEWS
乗り物とは関係ありませんが、茶髪の好きなスマホ関連のニュースも紹介します。
茶髪は今SIMフリーの端末を利用しているのですが、おサイフ携帯機能が付いていません。
そんなわけで小型のFeliCa付きスマホを電子決済専用機として持ち歩きたいなと思っているのですが、それにうってつけの端末が楽天から発売されるようです。
まだ価格などは未発表ですが、3万円以内でSIMフリーとして発売してくれるなら、そこそこ売れるのではないかなと思います。

9月3日追記分

引用:乗り物ニュース
9月度最大のニュースといえば、これでしょう。JALのA350就航開始。
今まで国内線の主力機であったボーイング機からエアバス機に乗り換えたことでも話題になっています。
残念ながら茶髪は初便に乗ることはできませんでしたが、就航開始の騒ぎが収まった頃にゆったりと乗りに行ってみようと計画中です。

引用:乗り物ニュース
飛行機は見た目は鉄道や車ほどの違いはないにしても、中身はメーカーが違うとまったく異なるということがよくわかります。
ボーイングとエアバスのメーカーの、飛行機という機械の設計思想の違いも感じられて面白い記事です。

引用:sky-budget
現在日本企業による直行便のないサイパン路線。同時期に開設が噂されているパラオ路線も含めて注目しています。
特にパラオにはぜひ行ってみたいので、早い就航を期待しています。

引用:FlyTeam
羽田空港のスロット再配分の記事です。新規の地域を見ると今後日本がどの国に対して外国人旅行者の拡大や、海外ビジネスに力を入れていくのか方向性が伺えます。
アメリカが圧倒的に多いのはもちろんのこと、中国やロシア、インド枠が増えたことが注目かと思います。

引用:FlyTeam
成田空港始発の終電が今よりも遅くなるという記事です。
終電は千葉行きの列車のようで、成田空港23時45発~千葉0時30分着のようです。
24時間運営ではない成田空港は、遅い時間帯に着くと空港周辺のホテルで過ごすしか選択肢がなくなるので、千葉方面の安いビジネスホテル等が利用できるようになるのは良いですね。

引用:マイナビニュース
まったくジャンルの違うニュースで恐縮ですが、嬉しかったので紹介します。
水曜どうでしょうの新作がようやく完成したようで、イベントで先行上映されるようです。
テレビ放送も早く見たいですね。


0 件のコメント :

コメントを投稿