【ラウンジ訪問記】入り口の派手さに驚愕!昆明長水国際空港の中国東方航空 国内線ビジネスクラスラウンジ訪問記




2019年のGWに実施した中国東方航空Cクラスでいくネパール一人旅。

今回の記事はその復路の途中で訪れた、昆明長水国際空港の中国東方航空国内線用ビジネスクラスラウンジの訪問記を書いていきます。


往路で昆明空港を利用した際は、カトマンズへ向かうために国際線用のビジネスクラスラウンジを利用しましたが、今回は昆明~上海までのフライト前のために昆明空港へ訪れたため、国内線の利用になります。

国内線のラウンジなので大したことないかな…と当初はあまり期待していなかったのですが、国際線と同様に快適なラウンジだったのでご紹介します。

宇宙船カプセルホテルから脱出してラウンジへ




昨晩深夜0時過ぎに昆明空港へカトマンズから到着した後、この日は早朝7時45発の上海行きに乗り継ぎます。

昨晩空港到着後、前回の記事で書いた宇宙船のようなカプセルホテルで仮眠をとった後、眠い目をこすりながらチェックインカウンターへ向かいます。





チェックインカウンターで荷物のスーツケースを預け、早速保安検査場へ。

中国の非常に面倒くさい保安検査員にイライラしながら、搭乗エリアへと辿り着きました。


それにしても中国の保安検査の面倒くささは異常です。

通常の液体物の持ち込みや電子機器の検査はもちろんのこと、折りたたみ傘やモバイルバッテリーも検査の対象です。

しかもものすごく高圧的な態度で注意してくるので、非常に腹が立ちます。

そしてなにより、英語をまったく喋れないので、向こうが何を注意しているのかがまったくわかりません。

まあ、こんなことでへこたれていたら中国旅行はできないですね…





気を取り直してラウンジへ向かいます。

チェックインカウンターでV8という番号がラウンジだからと言われたので、その数字を目指します。


がしかし、探しても探してもその番号が見つからないのです…


昆明空港は中国東方航空が西側の拠点としているだけあって、それはそれは大きな空港です。

昆明空港はものすごくターミナルが大きいため、正直歩きまわっていると疲れてしまいます。

途中、V12やV13という中国南方航空のラウンジはあったのですが、どうしてもV8という数字が見つかりません。

おまけに旅行最終日のため旅の疲れと寝不足のダブルパンチで、正直もうラウンジ行くの諦めようかな…


と思っていたその時

中国東方航空の制服を着たお姉さんが目の前を歩いていることに気が付きました。

とりあえずお姉さんに聞いてみるか!ということで、「ニーハオ!」と、茶髪の知っている中国語2つのうちの1つ(もう1つは後で出てきます)で呼び止め、スマホに「V8 LOUNGE」と急いで入力して、「どこですか?」的なリアクションをして質問しました。

するとお姉さんは、「あーあっちにあるから、連れて行ってあげるわ」てきな中国語を言い、付いてくるようにジェスチャーされました。


おぉ…ありがとうお姉さん、助かったぜ…!


しばしお姉さんに付いて歩きます。





そんなわけでお姉さんと5分ほどドラクエ的に並んで歩いてきたのは、ターミナルの一番端の部分。

まったく、こんなところにラウンジ作るなよ…わかりにくいだろ…


「V8はこのエスカレータの下にあるわよ」と片言の英語でお姉さんは茶髪に伝え、バーイと再び歩いてきた方向へと向かっていきました。

お姉さんに「謝謝!」と茶髪のわかる2つのうちもう一方の中国語で別れを告げ、エスカレータを下ったのでした。

ラウンジで朝日を見ながら優雅に搭乗までの時間を過ごす



さて、お姉さんにつれてきてもらったラウンジの入口なのですが、なんとも派手です。

以前どこかで中国人は権力を見せつけるために派手なものが好きという話を聞いたことがあるのですが、ビジネスクラスラウンジもそのような意図で派手な入り口になっているのでしょうかね。




ちなみにこのエリアにはラウンジが密集しており、中国東方航空の他にも、昆明航空のビジネスクラスラウンジや、ファーストクラスラウンジもあるようです。




また、入り口付近には利用できるエアラインのロゴが掲示されているのですが、これを見て茶髪は驚きました。

中国ってこんなにたくさんの中小のエアラインがあるのですね。

アライアンスに加盟している、中国東方航空、中国南方航空、中国国際航空はもちろんのこと、上海航空や厦門航空、深セン航空、アライアンスには加盟していませんが、海南航空や天津航空などは日本に就航しているため知っていましたが、日本に路線を持っていない会社がこんなにたくさんあるとは思いませんでした。

さすが人口も面積も莫大な中国なだけあって、エアラインの数も相当な数のようです。

これらのエアラインを駆使して、中国地方都市の旅をしたら楽しそうだなーと思いました。




さて、前置きが長くなりましたが、入り口のカウンターでラウンジ券を渡し、ラウンジ内へ入ります。

ラウンジの広さはそれほど大きくないといった印象です。

ソファーが30席ほどと軽食コーナーがターミナルの待合室よりも一つ下のフロアに横長に作られています。





軽食コーナーには、いくつかのパンやケーキ、果物やお菓子などと、コーラやスプライト、紅茶、コーヒなどの飲み物が用意されていました。

一方でアルコールはありませんでした。

また飲み物は中国ではおなじみの常温が大多数で、小さな冷蔵庫の中にコーラと水だけは冷やされたものが用意されていました。

また茶髪は試していないのでわかりませんが、カップラーメンのようなメニューもカウンターのお姉さんに言えば用意してもらえるようです。

もしかすると昼間の時間帯はお米やヌードル類も設置されているのかもしれません。




ターミナルの建屋がガラス張りになっているため、ラウンジからは空港の駐機場の様子がよく見えます。

茶髪がラウンジに入ったのは午前7時過ぎだったのですが、ちょうど日の出の時間だったようで、ラウンジから朝日を眺めることができました。

早朝の人の少ないラウンジで優雅にコーヒーと出発の準備をしている飛行機を眺めながらの一時は、最高の時間となりました。

まとめ

今回は昆明長水国際空港の国内線用中国東方航空ビジネスクラスラウンジの訪問記を書きました。

チェックインを終えた後、ラウンジを探していたのですが、広大な昆明空港の中で見つけるのは容易ではなく、諦めていた時、ちょうど通りかかったお姉さんに案内してもらいなんとかラウンジへ。

その後、ラウンジ入り口の派手さに驚きながらも、ラウンジ内では人も少なく快適な時間を過ごすことができました。


さて、次回の記事では昆明から中国国内線に乗り上海へとフライトします。

往路で上海~昆明へフライトした際は真夜中で景色を見ることができませんでしたが、今回は朝のフライトのため景色を楽しむことができます。

そんな中国国内の上空からの写真と共に搭乗記を書こうと思いますので、お楽しみに。


0 件のコメント :

コメントを投稿