【エリートプラスへの道】"中国東方航空Cクラスで行くネパール旅"で貯まったデルタ航空のMQMとスカイマイルを大公開|いつの日かファーストクラス

【エリートプラスへの道】"中国東方航空Cクラスで行くネパール旅"で貯まったデルタ航空のMQMとスカイマイルを大公開




先日の2019年GWに実施した2019年度海外大型旅。

その副産物的に貯まったのが、デルタ航空のMQMとスカイマイルです。


過去関連記事
【重大発表】2019年も海外旅に出ます!気になる行き先や利用するエアラインを発表!



この旅のメインの目的はネパールのカトマンズを旅することですが、裏の目的は上記の記事で解説した、デルタ航空のゴールド会員資格を延長するということです。

以前、茶髪はJALのJGCを元に、デルタ航空のステータスチャレンジに応募して、ありがたいことにデルタ航空のゴールド会員をお試し期間の3ヶ月間いただくことができました。

このお試し期間中に、12500MQM貯めることができれば、正式なデルタゴールド会員として、約1年間の間スカイチームエリートプラスの資格を手に入れることができます。


さて、今回中国東方航空Cクラスでいくネパール旅行を無事終えて、デルタ航空のスカイマイルとMQMが加算されたので、その結果を公開したいと思います。

まずは今回の旅程をおさらい

今回のネパール旅では、全旅程中国東方航空のビジネスクラスを利用して、東京からネパールのカトマンズまで向かいました。

途中の経路は以下の旅程です。




まずは成田から上海へ向かい、そこから中国国内線で上海から昆明へ。

その後昆明からネパールの首都カトマンズのトリブバン空港へとフライトしました。

なお復路も同様の工程だったため、全部で6回東方航空に搭乗しました。

実際に貯まったMQMとデルタスカイマイル




では皆さんお待ちかねの、実際に貯まったMQMとデルタスカイマイルを公開したいと思います。

結論から申しますと…


貯まったMQMは"11,529"

スカイマイルは"17,836"


となりました。


まずMQMですが、往路のNRT→PVG区間と、KMG→KTM区間が予約クラスQのチケット、復路のKTM→KMG区間とPCG→HND区間が予約クラスIチケットのため、中国東方航空に乗った場合のデルタMQMは150%積算となります。

また、中国国内線区間のPVG→KMG区間は、往復共に予約クラスJのため、積算率はなんと200%となります。

この結果、東京からネパールという短区間にもかかわらず、大量のMQMを加算することができました。


※積算率の詳細は過去記事を参照ください


次に貯まったスカイマイルですが、通常のベースマイルに加えて、こちらもビジネスクラス搭乗に伴いボーナスマイルが大量に積算されたため、合計で約18,000スカイマイルを貯めることができました。

ちなみにデルタのスカイマイルは、片道7500マイルで東京~韓国の特典航空券を発券できるため、今回の旅行で韓国旅行ができるだけのマイルが貯まったことになります。

ビジネスクラス恐るべしですね…


ところで上のほうでも書きましたが、デルタ航空のステータスチャレンジを延長するためには12,500MQMを3ヶ月以内に積算する必要があります。

しかし今回の旅行では条件を達成することができませんでした。

条件達成に必要な残りのMQMに関しては、近いうちにスカイチーム便を利用して積算しようと思っています。

MQM単価について

今回ネパール旅で利用した中国東方航空のビジネスクラスチケットですが、購入した値段はなんと格安の13万5千円です。

航空券の価格から今回積算したMQMの単価を計算した結果が以下になります。




このように、MQM単価が11.7円、スカイマイル単価が7.57円となりました。

巷のJGC修行者やSFC修行者のFOPやPP単価と比べると少し高めですが、旅行を兼ねた修行と考えれば、なかなかのMQM単価ではないでしょうか。

ところで今回の行先としてネパールを茶髪は選択をしましたが、実は同じような値段でインドの地方都市へいくフライトも検索結果として出てきていました。

もしMQM単価を極める場合、そのような旅程を組めば更に値段を下げることは可能と考えられます。

まとめ

今回は先日実施した、中国東方航空Cクラスでいくネパール旅で貯まった、MQMとスカイマイルの結果を解説してきました。

当ブログの企画でもあるエリートプラスへの道のメインでもある今回のフライトは、デルタ航空と共同事業を展開している中国東方航空を利用したこともあり、かなりのMQMを格安な航空券を利用して貯めることができました。

茶髪と同じような状況の方は決して多いとは思いませんが、もしデルタ航空の上級会員を目指している方は、中国東方航空のビジネスクラスを有効活用すると、ステータスへの近道となるかもしれません。


0 件のコメント :

コメントを投稿