【重大発表】2019年も海外旅に出ます!気になる行き先や利用するエアラインを発表!




2019年の初頭の挨拶で少し書きましたが、今年も茶髪は海外旅をする予定です。

茶髪の考える社会人の旅プラン的に、大型海外旅を年1回、近隣諸国に行く海外旅を年1回、そして普段の週末で国内旅を多数。

こんな感じで考えています。


過去関連記事
2019年あけましておめでとうございます!新年の挨拶と今年の抱負~茶髪の脳内にある考えを色々語ります~


昨年は2018年はお盆の時期にタイ旅行をしましたが、今年2019年はGWに海外旅をしようと計画しています。


その理由は、なんといっても2019年のGWは10連休のため。


社会人にとってこんな大型連休は滅多にありません。

そのため2019年はGWに旅をしようと決意しました。

2019年GWの航空券高額すぎる問題

ただしこの10連休がネックになって、とある問題が発生しました。


とんでもなく2019年GWの航空券は高いのです。


当初茶髪は旅の候補地として、旧ユーゴスラバ諸国やウズベキスタンを考えていました。

特にウズベキスタンは昨年2018年も旅先として考えていて、2018年のGWはウズベキスタンの首都であるタシケントまで、大韓航空 or アシアナ航空の仁川トランジットなら約10万円、もっと安いところだとウズベキスタン航空の成田~タシケント直行便が8万円ほどで発売されていました。

しかし昨年2018年は茶髪がまだ社会人になったばかりで、お金もなく、そもそも引っ越しの手続きやら部屋の片付けやらが終わっていなかったため、旅行は断念しました。


そこで1年ぶりのリベンジと思い今回航空券を検索したのですが…


2019年のGWは値段が1.5倍以上になっているのです。


最安値で17万円、日程に寄っては20万円超えが当たり前になっています。


さすがにエコノミークラスで20万円はちょっとな…

しかもそもそも大韓航空もアシアナ航空もワンワールドじゃないし…


そんなわけで今回の旅先候補からウズベキスタンは脱落しました。


ちなみに旧ユーゴスラビアも航空券がかなり高額で、同様の理由で脱落しました。


そして行きたい旅先がすべて振り出しに戻されて、一から検索し直すことにしました。


そして来る日も来る日もスカイスキャナーやGoogleフライトを使って航空券を探し…


ついに見つけました。これは!と思える航空券を。


前置きが長くなりましたが、ここから旅先と今回利用するエアラインを発表したいと思います。

2019年大型海外旅の行き先はネパール・カトマンズ!


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB


2019年のGWの旅先は…


ネパールに決定しました!


ネパールの中でもとりわけカトマンズを中心に観光したいと思っています。


さて、ネパールと聞いて一体どれぐらいの方が、あーあそこね。と納得できるでしょうか。

そんなネパールを知らない人のために簡単に説明をしたいと思います。

ネパールとはどんな国か


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB


ネパールはインドの北東部と中国の南西部に挟まれた場所に位置します。

北部にはヒマラヤ山脈が横たわり、南部には亜熱帯のジャングルが広がります。

また30以上の民族がネパールには暮らしており、ヒンドゥー教、チベット仏教、イスラム教など様々な宗教が信仰されています。

首都はカトマンズという街。

通過はネパール・ルピー。1ルピー=約1円です。

主な観光地は、世界遺産にもなっている首都カトマンズ、ヒマラヤトレッキングの玄関口のポカラを始め、美しい山々を楽しめるアクティビティや、多民族国家ならではの文化や構造物を見学するのが醍醐味です。


また、世界で唯一国旗が長方形をしていないことでも有名です。

経済的には後発開発途上国に分類されており、アジアの中でも最貧国の1つとされています。

そのため物価は安く、水は1Lで25円ほど、食事も1食300円あれば満足な量を食べられるそうです。

世界遺産カトマンズの魅力

茶髪が今回なぜネパール旅行を決意したのか、その最大の理由が街全体が世界遺産になっている、カトマンズに行ってみたいというのが理由です。


カトマンズはネパールの首都で、ネパール国内で最大の都市です。

言葉で説明するよりも、写真を見たほうが手っ取り早いと思うので、まずは以下の写真を御覧ください。


※以下写真はトリップアドバイザーから引用しています。
https://www.tripadvisor.jp/



引用:https://www.tripadvisor.jp/



引用:https://www.tripadvisor.jp/


どうですか?すごいでしょう。

茶髪はこの美しい建物や構造物に一目惚れしました。



引用:https://www.tripadvisor.jp/Home-g293890


また、美しい世界遺産に認定されるような建物の周辺には、この"カオス"と呼ぶのにふさわしい活気ある街が広がっているのも魅力です。

この雑多とした雰囲気にすごく惹かれました。


ところでカトマンズという街に行ってみたいという理由の他にも、ネパール旅を決定した理由があります。

ここからはその理由と、ネパールまでの移動手段について書いていきたいと思います。

利用するエアラインは中国東方航空のビジネスクラス&ファーストクラス


引用:https://www.skyteam.com/ja/about/image-library/skyteam-members-logos/


今回ネパールまで日本から訪れるために利用するエアライン、それは中国東方航空です。


中国東方航空は、名前の通り中国のエアラインです。

上海の浦東空港を拠点としているエアラインで、アライアンスはスカイチームに参加しています。


ところで茶髪はJALのJGC会員なので、ワンワールドに加盟しているエアラインで訪れたほうがいいのではないかと思いますよね。

ネパールにワンワールドで行く場合、CXの香港経由か、MHのクアラルンプール経由で行く方法があります。


しかし、どちらも2019年のGWはとんでもない高額な値段で航空券が取引されていました。


そんな時、ふとグーグルフライトでネパール行きの航空券を検索していると、あることに気が付きました。


エコノミーとほぼ変わらない値段でビジネスクラスの航空券が発売されているのです。


東京~カトマンズで検索をかけると、中国国際航空の北京経由や、多数のエアラインを組み合わせたインド経由のチケットが10万円という高額な値段で発売されている中、なぜか中国東方航空のビジネスクラスとファーストクラスのチケットが13万円で発売されていました。


茶髪は悩みました。

エコノミーで10万円のチケットは買いたくないけど、全旅程がビジネスクラス以上のチケットで13万円ってかなり安いのではないか…

ただ、エアラインが中国東方航空か…


実は中国東方航空の評判はあまり良くありません。


グーグル先生に尋ねてみると、遅延、欠航がよくあるやら、最悪の乗客、愛想のないCAなどなど…

それはもう悪い評判がたくさん出てきます。


その一方で、最近はずいぶんサービスが改善された。

遅延や欠航も以前に比べるとマシになったという意見も書いてありました。


結構悩んだのですが…


いくら評判の悪い中国東方航空とはいえ、ビジネスクラスやファーストクラスを使えるなら幾分マシだろ!


ということで思い切って発券してしまいました。

旅程はまるで東京発中国経由各駅停車ネパール行き

ところでネパールまで日本から行く場合、現在直行便は飛んでいないので、最低1か所はどこかを経由する必要があります。

しかし上記のように、2019年GWの航空券はものすごく高く、安い値段で残っているのは2回以上経由するような、移動だけで1日以上かかるようなチケットのみです。


そんな状況の中で見つけた、今回購入した航空券の旅程は以下の通りです。


往路

成田空港(NRT)→上海浦東空港(PVG)座席:ビジネスクラス

トランジット 約7時間

上海浦東国際空港(PVG)→昆明長水国際空港(KMG)座席:ファーストクラス

トランジット 約14時間半

昆明長水国際空港(KMG)→トリブバン国際空港(KTM)座席:ビジネスクラス

復路

トリブバン国際空港(KTM)→昆明長水国際空港(KMG)座席:ビジネスクラス

トランジット 約11時間

昆明長水国際空港(KMG)→上海浦東国際空港(PVG)座席:ファーストクラス

トランジット 約5時間

上海浦東国際空港(PVG)→羽田空港(HND)座席:ビジネスクラス


こんな感じで、今回の航空券は東京(成田&羽田空港)~上海浦東空港~昆明国際空港~カトマンズという、中国旅行なのかネパール旅行なのかよくわからないフライトです 笑

しかもかなりトランジット時間の長い旅程になっています。

この理由は、噂によると上海浦東空港のトランジットはかなり苦戦するとのことだったので、往路復路共に余裕を持って5時間以上のトランジット時間のフライトにしました。

また、上海から直接カトマンズへフライトするのではなく、一度中国国内線に乗り換えて中国西部の都市、昆明に向かいます。

茶髪はこのチケットを取るまで聞いたこともない地名でしたが、どうやら昆明には最近昆明長水国際空港という大きな空港が出来たようで、ここから東南アジアや中国西部の都市に便が就航しているようです。


さて、今回の旅は、いわば東京発中国経由各駅停車ネパール行きの旅といった感じです。


今まで乗ったことがないエアライン

詳細がネットにもあまり乗っていない中国国内線のファーストクラス

名前すら知らない見知らぬ土地の空港

中国東方航空のラウンジを堪能

そしてたどり着くのは魅力たっぷりな世界遺産の街カトマンズ


こんなエアラインマニアにとって面白そうなチケットは買わずにはいられませんでした。

これらを一気に味わえるので今からワクワクがとまりません。

私が格安ビジネスチケットを購入した真の理由

今回の旅で使用する航空券は、上記のように往路復路共に中国国内で2回、しかもすごくトランジット時間が長い航空券です。

おそらく普通の観光客ならまず買わないであろう変なチケットです。

それにも関わらず今回なぜわざわざ購入したかというと、とある理由があるからです。


それは…


スカイチームのエリートプラスステータスが欲しいから


以前、スカイチームについて解説した記事で書きましたが、スカイチームにはエリートとエリートプラスというステータス制度があります。


過去関連記事
航空連合"スカイチーム"について勉強したので徹底解説します


これらのステータス制度は、ワンワールドでいうところのルビーとサファイア会員のようなものです。

つまりこれらのステータスを得ると、スカイチーム便に乗る際に様々な優遇サービスを受けることが可能になります。


ところで少しマイレージ制度に詳しい制度方なら、一度ビジネスクラスに乗ったぐらいではエリートプラス会員の条件には達しないのではと思うかもしれません。


その答えはもちろん正しいのですが…


今回茶髪はとある方法を使ってステータス会員になったあと、上記のフライトを経て正式なエリートプラス会員になろうと目論んでいます。


この方法については、また別の記事で詳しく書きたいと思っていますのでお楽しみに。

まとめ

今回は2019年のGWに実施予定の大型海外旅の目的地と利用するエアラインや旅程について説明しました。

2019年GWはネパールへ旅立つことに決定しました。

理由としては、カトマンズという世界遺産の街に行ってみたかったこと、全行程ビジネスクラス&ファーストクラスというチケットが格安で販売されていたからです。


前者のカトマンズという街についてですが、この街にはヒンドゥー教の寺院や、チベット仏教の寺院など、数々の宗教施設があり、それらに以前から行ってみたいと思っていたので、今回思い切って目的地にすることにしました。

また後者の格安チケットについては、今まで乗ったことがなかった中国東方航空、しかも中国国内線のファーストクラスに乗れることができることなど、トランジット時間や回数は多いですが魅力的なチケットだったので購入しました。


さらに、中国東方航空はスカイチームに所属しているので、このチケットをうまく利用することでスカイチームのエリートプラス会員になることができるのではないかと目論んでいます。

その方法や計画を後日別途記事で書きたいと思っていますので、そちらも投稿次第ぜひ御覧ください。


また、中国東方航空によく乗られる方や、中国国内線を利用したことがある方、上海浦東国際空港でのトランジットの経験が抱負な方などなど…

今回の旅程で気をつけたことがよい点やアドバイス等、ちょっとしたことでも構いませんのでコメントいただけるとありがたいです。

茶髪の不安が減りますので、ぜひコメントやTwitterのリプなどよろしくお願いします。


0 件のコメント :

コメントを投稿