【2018春ドイツ卒業旅行】その2~初めての国際線サクララウンジと美味しいカレーの話~

前回の記事では佐賀からフランクフルトへ向かうため、国際線に乗り換えるために東京へ向かった際の出来事を書きました。

【2018春ドイツ卒業旅行】その1~修論発表会後慌てて福岡空港へ そして東京へ~

今回はこの続きの上野から成田空港へ向かい、国際線サクララウンジを訪れた際の出来事について書きたいと思います。

朝の上野駅からスカイライナーで一気に成田空港へ

昨晩は上野駅から徒歩15分ほどの格安な宿に泊まり、佐賀からのバタバタ移動の疲れを癒やしました。

翌日、昨日利用したJRの上野駅を越えて京成上野駅にやってきました。





特急券と乗車券を券売機で購入して、京成上野からスカイライナーに乗車。

今回乗車したのは上野駅を8時ちょうどに出発するスカイライナー13号。

途中通勤で都心に向かう人々を乗せた京成の列車を眺めながら一気に成田空港を目指しました。

成田空港にて初めての国際線用JGCカウンターを利用



成田空港第二ターミナル駅で下車して出発ロビーへやってきました。

ところで成田空港ではJALは第二ターミナルなんですね。

普段羽田空港の国内線ばかり利用していたので、危うく駅を間違えるところでした 笑

それにしても空港の雰囲気っていいですよね~

空港のカウンターが並んでるのを見ると、今から旅に出るんだ!って気分になります。




先程の写真の左奥にJGCカウンターがあります。

ところで茶髪はJGC会員なのにJALの国際線に一度も乗ったことがありません。

JGC入会条件はFOPではなく国際線に乗らず国内線のみで搭乗回数で到達したので、こんな変な状況になっています。

そんなわけで、人生初めての国際線用JGCカウンターで生まれて初めての国際線チェックインを行いました 笑




無事チェックインを終えました。

今まではリュックサックとカメラバックを持っていて気軽に歩き回れませんでしたが、荷物を預けてカメラバックだけになり身軽になりました。

手荷物はもちろん優先タグを付けてもらいました。

フランクフルト到着時も無駄な時間を過ごさずにすみそうです。




出発口まで歩いてきました。

入り口の上には大きな出発便案内表示板があります。

時間に余裕があったので少し眺めていたのですが、成田空港はひっきりなしに色々な便が出発するのですね。

しかも行き先が世界中なのが印象的でした。


さて、ここにずっといても仕方がないので、出国審査へと向かいます。

ところで、茶髪はこの通常の出発口ではなくて、案内板の左下にあるファストセキュリティレーンから抜けて中に入りました。


写真を取り忘れたのでJAL公式サイトのリンクを貼っておきます。


ファストセキュリティレーンとは、ビジネス・ファーストクラスに搭乗するか、ワンワールドサファイア以上の資格がある人が利用できる優先保安検査場です。

成田空港のような大勢の人が利用する空港では保安検査場が混んでいることがありますが、JGCのおかげで混雑を横目にサクッと保安検査を終わらせることができました。


この後出国審査と税関を抜けて、いよいよこの日最大の目的である国際線サクララウンジに向かいます。

国際線サクララウンジにて噂のカレーを食す



やってきました、国際線サクララウンジ!

今まで国内線のサクララウンジは何度も利用してきましたが、念願の国際線サクララウンジにようやくやってくることができました。

いやー嬉しいですね。

それにしても成田空港のサクララウンジ、すごく広い!

しかし、利用者もかなり多い…!

入り口付近を少し歩いてみましたが、ほとんどの席に人が座っていました。




ところでこの時の時刻は午前9時過ぎ。

早朝から何も食べていなかったので、1フロア上にあるダイニング(食事スペース)で朝食を食べることにしました。




さて、ダイニングにやってきました。

ここは国内線のラウンジではなく、国際線のラウンジ。


そう、お菓子だけじゃなくて食事が食べられるのです!


おそらくこの食事こそが国際線ラウンジ最大の魅力かと思います。

早速茶髪も何品か食べ物をお皿に盛り付けて食べることにします。




混雑していたのですが、無事席を確保することができました。

今回食べたのは、サクララウンジといえばコレ!というぐらい有名なビーフカレーです。

あと朝だったので味噌汁とりんごジュースを持ってきました。

お味のほうですが、肉が柔らかく、ルーも辛すぎず美味しかったです。

こんな美味しいカレーを食べ放題というのは素晴らしいですね。

あまりにカレーが美味しかったのでおかわりして、お腹いっぱいになったので、搭乗時刻までは下のフロアでゆっくりすることにしました。




再び下のフロアに戻ってきました。

食事後も依然としてラウンジ内は混雑しています。





ところで、食事は上のフロアにあるダイニングでしか食べることができませんが、飲み物と軽食は下のフロアでも飲み食いすることができます。

国内線ラウンジと比較すると飲み物、軽食共に少し種類が多いかなといった印象です。





お腹がいっぱいだったので、何も飲み食いせずにのんびりしようかと思っていたのですが、アルコールコーナーに日本酒があるのを見つけました。

せっかくの旅行なので、朝から飲んでも問題ないでしょ!ってことで飲むことにしました 笑

飲んだのは山形の正宗という日本酒。

キリッとした印象で、すっきりとした飲みやすい味でした。




搭乗までのしばらくの間、飛行機を眺めていました。

普段国内線利用時には見れない、国際線の様々な機体を眺めながら飲むという贅沢な時間を過ごしました。




ところでこのサクララウンジではもう一つ重要なことをやりました。


それはスマホのSIMカードの設定です。


海外旅行で困るのがスマホの通信かと思います。

茶髪のような海外に慣れていない状況で、しかも1人旅となったらスマホは必要不可欠です。

しかし、通信環境が整っていないとただのガラクタです。

そこで、ドイツ国内で通信するための方法を検討しました。


よく海外旅行をする人の利用する手段として…

・モバイルルーターをレンタルする

・現地でSIMカードを購入する

・観光地やホテルのWi-Fiを利用する

・日本国内で海外で利用できるSIMカードを購入しておく

上記のような手段があります。


茶髪は普段の生活でSIMフリーのスマホにMVNOのSIMを刺して使っています。

そこで今回の旅行では数カ国で利用できる便利なSIMをAmazonで事前に購入して利用することにしました。


現地でSIMを購入するという手もあったのですが、今回はやめました。

その理由ですが、初めての海外でSIMを買える自信がなかったのと、ドイツ国内で外国人がSIMカードを買いにくくなったという情報を知ったからです。

先程も書いたように慣れない海外でスマホで通信できなかったら絶望です。

そんなわけで今回は複数の国で利用できるSIMカードを事前に買いました。


ところで今回利用したSIM2FlyというSIMカード、どうやらタイの会社の物のようで、これがものすごく便利でした。

日本はもちろん、ドイツ国内でもばっちり使えることができましたし、今回の旅とは関係ありませんが、香港やシンガポールでも使うことができました。

茶髪のような海外に慣れていない人は国内で事前にこのSIMを購入して設定しておくと、海外でスマホを使えないという悲劇に見舞われずにすむと思います。

あまりに便利だったので、機会があれば別の記事にまとめたいと思います。


さて、話がそれましたが、ご飯を食べて、お酒を飲んで、飛行機を眺めていたら搭乗時刻が迫ってきました。

あまりに快適だったので忘れていましたが、茶髪はドイツへ向かう途中です。

いつまでもココでのんびりしていてるわけにもいかないので、荷物をまとめて搭乗口へと向かいました。


ここですんなり終わりたい所だったのですが、実はここからちょっとして悲劇が始まります。

そういえば、チェックインカウンターでお姉さんが何か言っていたような…

フランクフルト行きは搭乗口がサクララウンジから離れておりますので、早めに搭乗口までお越しくださいとかなんとか…

まとめと次回予告

今回は、まずフランクフルト行きの便に乗るために前泊した上野から、スカイライナーで成田空港へ向かいました。

空港到着後は人生初の国際線JGCカウンターでチェックインを行い、ファストセキュリティレーンでサクッと保安検査を終えてサクララウンジへ。

上級会員のサービスを堪能しました。

サクララウンジでは朝食に有名なビーフカレー食べて、その後は日本酒を飲みながら飛行機を眺め快適な時間を過ごすことができました。

また、事前にAmazonで購入していたSIMカードの設定を行い、ドイツでの通信環境の準備を行いました。


さて、次回はいよいよ成田~フランクフルト便に搭乗です。

せっかくなので優先搭乗してのんびり機内で出発を待ちたかったのですが、酔っぱらいの茶髪にちょっとした悲劇が襲いかかります。

チェックイン時にお姉さんが、サクララウンジから搭乗口まで距離があるので早めに行ってね!と言っていたのです。

そんなことをお酒を飲んで上機嫌だった茶髪が覚えているはずがないですよね…


そんな感じで、次回は成田~フランクフルト便の搭乗から、機内での様子、機内での茶髪の過ごし方と、フランクフルト到着までを書きたいと思います。

次回もお楽しみに。


0 件のコメント :

コメントを投稿