【旅の準備】CX便で友人と行く卒業旅行inシンガポールの計画 ~ oneworldサファイアの力は強し~

以前の記事で、貯まったJALマイルで行くドイツ一人旅の計画を記事にしました。
【旅の準備】JALカードnaviの特典を使ってお得なマイル数で行く"初海外一人旅 inドイツ"の計画

あちらの旅行は一人旅で、茶髪の趣味(主に鉄ちゃん)を全開で楽しむ旅にする予定です。


今回書くのは、友人と行く卒業旅行のお話です。

なんと茶髪、2月下旬~3月の間に2回も海外旅行に行くのです。

こういう話をすると、羨ましいな~と思う方も多いと思いますが、旅行なんてする暇なく、タダ働きでこき使われる研究室生活に3年間耐えたご褒美なのでお許しください。


今回の内容はタイトルの通り、CX便で行くシンガポール旅行の計画についてです。





飛行機について詳しい方ならお分かりかと思いますが、CXとはキャセイ・パシフィック航空のことです。

このキャセイパシフィック、茶髪はoneworldサファイアステータスになったら必ず乗ってみたいと思っていました。


今回の記事は、旅行内容の計画を書くつもりはありません。

旅行の内容については友人の趣味等、色々兼ねて決めているので、そんなに面白くないと思いますので…

今回の記事で書くのは、現地までの飛行機担当大臣に選ばれた茶髪が何故CXを選んだのかということ、JGC保有者はCX便に搭乗する場合にどんなメリットがあるのかについて、茶髪の予習も兼ねて書きたいと思います。

キャセイ・パシフィックについて

本題に入る前に、まず最初にキャセイ・パシフィック航空というエアラインについて簡単に説明したいと思います。





キャセイ・パシフィック航空は、香港国際空港を拠点とするエアラインです。

英国の航空産業格付け会社のスカイトラックスが選出するワールド・エアライン・アワードで、5年連続5スターを獲得しています。

このアワードは、スカイトラックスが空港サービスから機内サービスに至るまで800以上の分野について評価するものなので、最高ランクの5スターを獲得しているということは特に質の高いサービスが受けられるエアラインということです。

ちなみに日本のエアラインだと、ANAが5スターを獲得しています。

我らのJALは…残念ながら4スターです。

また、キャセイパシフィックはJALが所属する航空連合のoneworldに所属しているため、サファイアステータスを持っているとキャセイパシフィックでもJAL同様の上級会員サービスを受けることができます。

つまり、JGC会員なら5スターエアラインの上級会員制度を堪能できるわけです。


何故、福岡~シンガポールの移動にCXを選択したのか

ところで福岡空港からシンガポールまで移動するのに、1番シンプルな移動手段はシンガポール航空を利用していく、福岡~シンガポール直行便です。

移動時間も6時間ほどで、海外旅行に行くにしては短めです。

しかしシンガポール航空の直行便のチケット、3月の卒業旅行シーズンに発券しようとすると往復で7万円程度とあまり安くありませんでした。

しかもこのエアラインはJALが所属しているoneworldではなく、スターアライアンスのメンバーです。

茶髪的にはこの時点でこの選択肢は消えていました。


続いて調べたのは、1番格安でシンガポールにたどり着けるエアラインなのはどこかです。

値段が1番安いのはフィリピン航空のマニラ経由で、往復で4万円程度で済む格安の日程もありました。

しかしこのエアラインはアライアンスに所属しておらず、JGCを持っていても何も役にたちません。


そこで日程を調整して見つけたのが、香港経由のキャセイ格安航空券です。

最安のフィリピン航空からわずか数千円の追加で発券できる日程を見つけたのです。

その値段わずか47000円。

片道だったら23500円ですからね、悪くない値段かと思います。

友人と日程を確認してスケジュールが大丈夫そうだったので、自分がサファイアステータスの力で良い旅行にすると説得してチケットを発券しました。

JGC会員がCX便に乗る時にはどんなメリットがあるのか

ここからはJGC会員の人がCX便に乗る時はもちろんですが、oneworldに所属しているエアラインに乗る時に得られるメリットをCXを例にして説明していこうと思います。

何と言っても1番の魅力は香港のビジネスクラスラウンジに入れること

キャセイパシフィックの魅力の1つが、香港国際空港内にあるビジネスクラスラウンジです。


https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/flying-with-us/all-lounges/hong-kong-international-airport-lounges/the-pier.html#the-pier-introduction


キャセイパシフィックの公式サイトに香港国際空港のラウンジの説明ページがあります。
キャセイ公式サイト

上記ページをご覧になっていただければわかるかと思いますが、超豪華です!

ここのラウンジ、おそらく世界中のラウンジの中でもトップクラスに豪華なラウンジです。

そしてこのラウンジを、JGC会員なら利用することができるのです。


ところで何故シンガポールに行くのに香港国際空港のラウンジが利用できるのか疑問の方もいるでしょう。

それは茶髪が拠点としている福岡空港からCX便を使ってシンガポールに向かうには、途中で香港に寄り道しないといけないからです。

空港ラウンジは経由便の乗り継ぎ時間でも利用することができるので、この時間でラウンジを堪能する予定です。

格安チケットでもサファイアパワーで事前座席指定が可能




ところで今回利用する格安チケットでは通常ならあることができません。

それは事前の座席指定です。

日本のエアラインでは当たり前にできる座席の事前指定ですが、海外のエアラインでは格安運賃では事前に座席を指定することができないこともあるようです。

そんなことも知らずに格安チケットを発券してしまった茶髪御一行。

ダメ元で茶髪のJMBバンクの番号をキャセイのページに打ち込むと、なんと座席指定が可能になりました!

しかも、自分の分だけではなく友人の分まで可能に!

これは非常に助かりました。

チケットを発券したのが早い時期だったこともあり、好きな席が選び放題でした。

エクストラ・レッグルームがサファイア会員なら無料で利用可能


https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/manage-booking/travel-extras/extra-legroom-seat.html


キャセイパシフィックでは、エコノミークラスの非常口座席は足元が広いことからエクストラ・レッグルームという名前で特別な座席になっており、通常なら別料金を追加で払わないと指定することができません。


ところが、サファイアステータスを保有している場合はこの席を無料で利用することが可能です。

今回の旅行では茶髪だけステータスを持っているので、友人には申し訳ないですが自分だけ使わせてもらうことにしました 笑

ビジネスクラスチェックインカウンターの利用が可能

旅行の当日、飛行機に乗る前にチェックインが必要になりますが、エコノミークラスに乗る場合はもちろんエコノミー用のカウンターで手続きをしないといけません。

このエコノミーカウンター、利用客が多い場合は長蛇の列が形成されていて手続きを済ませるまでに30分以上かかるなんてこともあるようです。

ただし、サファイアステータスを持っていると話は別です。

エコノミーに搭乗予定でも、ビジネスクラス用のカウンターが利用できるのです。

ただ、今回の旅行ではステータス持ちなのは茶髪だけなので、今回はおとなしく友人とエコノミー用の列に並ぶことになりそうです…

その他にもサファイアのメリットは色々

https://ja.oneworld.com/ffp-77b/%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2-%E7%89%B9%E5%85%B8


ここまでCX便にサファイアステータスを持っている人が乗る場合のメリットについて書いてきましたが、あくまでこれらは一例です。

実は他にも、預け荷物の上限が増えたり、優先搭乗ができたりと色々な特典があります。

詳しくはoneworldのサファイア特典のページに書いてありますので、興味のある方はご一読ください。
oneworld公式サイト

このページを読むと、JGCに入りたくなること間違いなしです 笑

まとめ

今回は3月に予定している、友人とCX便で行くシンガポール旅行の予定について書きました。

旅行の内容は普通の内容なので、oneworldサファイアステータス所有者がCX便を使う時にどのようなメリットがあるのか予習も兼ねてまとめました。

旅行中にラウンジが利用できるなどのメリットがあるのはもちろん、現時点で事前の座席指定が可能なことなど、すでにメリットを感じています。

今のところJGC会員になってから海外に行く機会がないので、早く当日にならないかとワクワクしております。

まあ、その前に修論を提出しないと、この旅行にもいけなくなるので頑張らないといけないのですが…

今後こちらの旅行に関しては旅行記は書くか未定ですが、ラウンジ訪問記ぐらいは書こうかなと思っていますのでお楽しみに。


0 件のコメント :

コメントを投稿