【旅の準備】海外での現金調達用にイオン銀行の口座を開設しよう

海外旅行の最中、必ず必要になるものがあります。

それは現地のお金。

当たり前ですが、海外ですから普段使っている円を持っていってもただの紙切れです。

現地に着いたらまず、その国のお金を手に入れないといけません。


海外旅行に慣れている人なら

「クレカがあれば十分だよ~」とか

「現地のレートが良い両替屋で換金すればいいじゃない~」とか

「クレカのキャッシングでATMでお金下ろすのが手数料安いからおすすめ~」

なんてことを言うかもしれません。


ただ、これは旅行慣れしている人の話。

茶髪は次回の旅が初めての海外一人旅。

上2つはまず無理です。


じゃあ3つ目のクレカのキャッシングでいいじゃん。

と思うかもしれませんが、実は茶髪が現在保有してているクレジットカード


全てキャッシング利用可能額が0円なのです


まあ、これは茶髪が原因でして…

クレジットカードの審査の時に、学生でも通りやすくするためにキャッシング利用なしで審査に出していたからです。


はて困った…と思ってグーグル先生に尋ねてみたところ、ネットバンクのキャッシュカードで、海外のATMからお金を引き出せるということを知りました。

もう少し詳しく調べてみると、どうやらキャッシュカードに付帯しているデビットカードの機能で現地ATMからお金を出して、自分の口座から即座に引き落としという仕組みのようです。

これ良いじゃん!と思って手数料を見て愕然。

クレカのキャッシングに比べてかなり割高なのです。


まあ、たまにしか行かない海外旅行ですから、多少の手数料は気にしなくていいかーと諦めかけた時に見つけました。


イオン銀行の手数料がものすごく安いことを…!


そんなわけで今回の記事は、海外での現金調達用にイオン銀行の口座を開設した話を書きたいと思います。

イオン銀行について


https://www.aeonbank.co.jp/


まずは簡単にイオン銀行について説明したいと思います。

イオン銀行は、ショッピングモールで有名なイオングループが経営しているネットバンクです。

通常の銀行と異なり、インターネット上で取引を行うことが前提の銀行です。

ネット上で取引を行えるため、家や会社、スマホ上からの手続きが簡単なことや、24時間365日取引が行えたり、手数料が安いなどのメリットがあります。

イオンモールやマックスバリュなどに設置してあるイオン銀行のATMはもちろん、ミニストップなどのコンビニATMや、ゆうちょ銀行ATMでも手数料がかからずにお金の引き出しや預入れが行えます。

イオンをよく利用する人なら持っておいて間違いない銀行です。

イオン銀行キャッシュカードの種類

ネットから気軽に取引ができるイオン銀行、いざ口座を開設しようと思い公式サイトの口座開設ページを開くと、以下のような3タイプのキャッシュカードが用意されています。

イオン銀行口座開設ページ


https://www.aeonbank.co.jp/account/


・イオンカードセレクト
このカードを申し込むと、イオン銀行の口座の開設と同時にイオンカードというクレジットカードの機能も同時に発行されます。また電子マネーWAONのカードも同時に付いてきます。

つまり、1枚3役のカードを発行できます。

今までにイオン銀行の口座開設をしていなくて、同時にイオンカードも作りたい人はこのカードの申込みが良いかと思います。

ただ、今回の茶髪の目的はクレジットカードの発行では無く、口座の開設とデビットカードの申し込み。

学生の身分で新規にクレジットカードを作っても、キャッシング枠は大して多くなさそうなので今回はパスです。

社会人の方で、ある程度収入のある方は、イオンカード自体はかなりお得なカードですので、持っておいて損はないカードだと思いますよ。




・キャッシュ+デビットカード
このカードは、通常のイオン銀行のキャッシュカードに追加でJCBのデビットカードとWAON機能が付いたカードになります。

茶髪は今回このカードを申し込みました。

ところで海外でJCBのデビットカードだと、あまり利用できなそうなイメージがあるかもしれませんが、海外ATMからの現地のお金の引き出しに関しては、ほぼ問題ないと茶髪は思っています。

詳しくは後述します。


・イオン銀行キャッシュカード
このカードはイオン銀行のキャッシュカードとWAON機能のみが付いたカードです。

クレジットカードやデビットカード機能が必要なく、純粋にイオン銀行の口座のみを作りたい場合はこのカードを申し込むことになります。

ただし先程も書いたように、今回茶髪はデビットカードが欲しくてイオン銀行の口座開設をしたので、こちらもパスです。

キャッシュ+デビットカードの詳細

https://www.aeonbank.co.jp/debit/

ここからはキャッシュ+デビットカードの海外ATM使用時の詳細について書いていきます。

イオン銀行のお得な機能や、WAONの機能などは公式サイトや他ブログなどで詳しく書いてあるので、ここでは海外ATMでの現地通貨の引き出しに関してのみ書きます。

https://www.aeonbank.co.jp/debit/


Cirrusマークが付いている海外ATMで利用可能

先程、JCBブランドだと、海外利用時に困るのではないかと書きました。

海外ATMで現地通貨を引き出すことだけに関していえば、その答えは否です。

このカードをデビットカードとして海外のお店で使う場合、提携ブランドはJCBですのでほとんど利用することができないと思います。


しかし海外ATMで引き出す場合は、CirrusマークがあればどのATMでもお金を引き出すことが可能です。


ここでCirrusマーク?という方に簡単に説明を。

Cirrusとは、マスターカードが中心となって運営しており、VISA陣営のPLUSと並ぶ世界的な銀行のオンラインシステムである。マスターカード、Maestro、ダイナースクラブ、JCBなどのクレジットカードまたはデビットカードやプリペイドカード、Cirrusのロゴが入った主要銀行が発行したATMカードが93カ国以上、100万箇所以上のATMで利用できるようにネットワークされている。(Wikipediaより)


つまりCirrusに対応しているということは、世界中の海外ATMでお金を引き出すことが可能なのです。


JCBというと、日本国内とハワイぐらいでしか使えないイメージですが、現地通貨の引き出しに関してはVISAやMASTERブランドと比較しても問題なさそうです。

手数料はクレジットカードのキャッシング並みの安さ

キャッシュ+デビットカードを利用して海外ATMから現地通貨を引き出した場合


1回の利用に付き200円(税抜き)の手数料と、日本円換算で1.60%の海外取引関係処理経費がかかります。


仮に1万円を引き出した場合、手数料は376円かかります。


キャッシング+デビットカードの海外ATM利用時の手数料は、クレジットカードのキャッシング手数料と同等の安さです。

ここでクレジットカードの比較として、三井住友VISAカードのキャッシング手数料を例として調べてみましょう。

三井住友VISAカードのサイトにこんな便利なページがあります。

このサイト内に海外キャッシュサービス 返済シミュレーションというリンクがあるので、これを使って計算してみました。


http://vmobile.topica.ne.jp/cgi-bin/sim/sim_cm.cgi


ものすごくてきとーな条件設定で申し訳ないのですが、実質年率を18.0%、決済日を26日、利用予定日を1月8日、返済回数1回として計算してみたところ、総返済額は10241円と表示されました。

つまり1万円をキャッシングした際の手数料は241円ということになります。

さすがにイオン銀行のキャッシュ+デビットよりは安いですが、イオン銀行とそんなに差がない気もします。

ところでクレジットカードのキャッシングはあくまで借り入れなので借金です。

利息が発生するのが茶髪は気持ち的に嫌なので、茶髪のような方もイオンデビットカードはおすすめです。

ところでイオン銀行のデビットカードはもう1つありますが…

公式サイトのデビットカードのページを読んでいてあることに気がつきました。

実はイオン銀行にはもう1つデビットカードが存在します。

イオンデビットカード

http://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/aeondebit.html



その名もイオンデビットカード。

こちらのカードは提携ブランドがVISAになっています。

海外ATMを利用する際は、VISA、PLUSマークがあるATMを使うことができます。

VISAというと世界中で利用できる店舗が多いので、このカードのほうがJCBデビットカードより便利そうに感じます。

しかも利用手数料はキャッシュ+デビットカードと同じ。

実際こちらのカードのほうが便利なのは間違いないのですが、とある問題で茶髪は申請できませんでした。


このカード、事前にイオン銀行の口座を持っていないと申し込みできないのです。


そのため、上記したキャッシュカードのいずれかを申し込んで、事前にイオン銀行の口座を開設した上で申し込みをしないといけません。


またもう一つ学生としては重要な注意事項があります。


申し込み時に審査があるのです。


まあ茶髪の場合、何枚かのクレジットカードを持っているので落ちることはないと思いますが、もしものことを考えると審査は嫌ですよね。


そんなわけで今回はこちらのカードではなく、キャッシュ+デビットカードを申請しました。

もしどうしてもこちらのカードが欲しい場合は、キャッシュ+デビットカードを申し込んだ後に申請を出すと、審査に落ちた場合でもキャッシュ+デビットカードは使えるので安心かと思います。

また2枚持ちできれば、Cirrusが利用できなくても、VISAのPLUSマークが付いているATMを利用できるので安心です。

茶髪も後日申し込んでみようと思っています。

まとめ

今回は海外旅行の際に、海外ATMから現地通貨を引き出すためにイオン銀行の口座を開設した話を書きました。

イオン銀行のキャッシュ+デビットカードは、海外ATMからクレジットカードのキャッシング並の安い手数料で現地通貨を引き出すことができます。

茶髪の保有しているクレジットカードはキャッシング枠が無いので、今後予定している海外旅行の際はこの口座を利用してみようと思っています。

イオン銀行のデビットカードは2種類ありますが、正直提携ブランド以外はほぼ同じです。

ただし、VISAブランドのほうは審査があるのでご注意を。

学生で同じような状況で困っている人はもちろんのこと、社会人の方でキャッシングに抵抗がある方も口座開設してみてはいかがでしょうか。


0 件のコメント :

コメントを投稿