【JGC修行の副産物】福岡~宮崎往復修行をしたらJALから焼酎が届いた話(ちょっと焼酎解説)

2017年も残り1ヶ月を切った12月のとある平日。

スマホにクロネコヤマトからメールが届きました。

茶髪は自分の家宛に荷物が届く時、事前にメールが届くように設定しています。

ただ、今回はAmazonで買い物したわけでもないし、実家から何か送るとも言われていないし、なんの荷物だろうか…と不審に思っていました。


そんな疑問の中、本文を読んでいくと…

■品名:D賞 本格焼酎「霧島」3本セット(各900ml)
■商品名:宅急便
■ご依頼主:JAL×宮崎 空の絆キャンペーン事務局 様

との文字が。


これを見て思い出しました。

そういえばJALのキャンペーンページから、空の絆キャンペーンに申込んだことを。


今回はそのキャンペーンの内容と、修行はもちろんのこと、旅行や仕事で宮崎空港発着便に乗った場合は現在行われている同じようなキャンペーンに申し込んだほうがお得だということ書いていきたいと思います。

JAL✕宮崎県 空の絆キャンペーン2017

2017年の夏頃、たしか7月~9月ぐらいの期間にJALグループ便で宮崎空港発着路線を2回以上搭乗すると、宮崎県にゆかりのあるものが当たるキャンペーンが開催されていました。

なぜこんな曖昧な書き方をしているかというと、もうJAL公式サイトにキャンペーンのページが存在しないからです。


ただ、このキャンペーン、実は第2弾が現在開催されています。

その名も、「JAL✕宮崎県 空の絆キャンペーン2017 第2弾」

キャンペーンページはこちら。


応募できる期間が違うだけで、景品を含めてほぼ同じキャンペーンです 笑

なので、今回はこのキャンペーンの説明を代わりにした後に景品の届いた焼酎の話をしようと思います。

JAL✕宮崎県 空の絆キャンペーン2017 第2弾

http://www.jal.co.jp/area/kyushu/kmi/kizuna2/


キャンペーンページを見てみると、応募条件が詳細に書かれています。


特に重要なところだけ抜粋すると…

キャンペーン期間

2017年11月1日(水)~12月31日(日)[搭乗日]

対象運賃

JALグループ国内線フライトマイル積算対象全運賃、個人包括旅行割引運賃・包括旅行割引運賃(パッケージツアーなどに適用される包括割引運賃)、団体割引運賃、学校研修割引運賃

対象路線

JAL 宮崎-東京(羽田)線、宮崎-大阪(伊丹)線、宮崎-福岡線

対象のお客さま

キャンペーン対象路線・対象便に、対象運賃にて2回ご搭乗いただいたJALマイレージバンク(JMB)日本地区会員の方


このような応募条件になっています。

11月~12月期間に宮崎空港を発着する対象路線を使った場合は、2回の搭乗を1口として応募できます。

例えば福岡~宮崎を1往復すると、1口応募できるわけです。

対象運賃もフライトマイル積算対象全運賃と書いてあるので、ウルトラ先得などの格安チケットでも問題なく応募できます。

応募できる景品

http://www.jal.co.jp/area/kyushu/kmi/kizuna2/


応募できる景品は上記の写真の物です。

JALの往復航空券 1名様
宮崎牛のロースステーキ 5名様
宮崎牛のバラ・モモ焼肉用 20名様
宮崎牛のハンバーグセット 20名様
本格焼酎「霧島」3本セット 20名様

このようなラインナップになっています。


これを見て、どれが欲しいかは人それぞれだと思います。


ちなみにお酒が好きな茶髪は、

「航空券と肉は欲しいけど倍率高そうだし、焼酎一択だろ」

ってことで焼酎に応募しました。 ※第1弾のキャンペーンのときです

夏の福岡~宮崎往復修行の券を全て焼酎に応募

ところでこのブログを読んでいる方はご存知かと思いますが、茶髪は2017年にJGC入会を目指して修行を行っておりました。

そして第1弾のキャンペーンが行われていた時、福岡~宮崎路線には合計6回搭乗していましたので、3口応募することができました。

その時の修行記はこちら

この3口を全て焼酎セットに応募し、そのうちの1つがどうやら当たったようです。

忘れた頃にやってきた焼酎セット(焼酎についてちょっとだけ語ります)

そしてようやく、この記事の最初の出来事に戻ります。

12月の上旬にクロネコヤマトからメールが届き、キャンペーンに当たったことに気が付きました。


そして家に届いたのがこちら!




霧島酒造の霧島シリーズ3本セットです。

それぞれ1本ずつ説明をしていこうと思います。


まずは1番右、黒霧島。

芋焼酎といったら黒霧島!といっても過言ではないくらい有名な銘柄でしょう。

黒霧島は値段もそれほど高くなく、それほど癖がなく典型的な芋焼酎の味で、万人受けする芋焼酎だと思います。

全国各地、どこの居酒屋にいってもこの焼酎は置いてあるんじゃないかと思います。


一方で真ん中の赤霧島、こちらは香りも味もかなり独特な焼酎です。

原料が普通の焼酎に使われている「コガネセンガン」という芋ではなく、「ムラサキマサリ」という紅芋を使っていることから、"赤"霧島という名前になったようです。

この赤霧島、原料のムラサキマサリの生産量が少ないため、あまり世の中に多くは出回っていません。

九州内のお店ではたまに見かけますが、その他の地域ではあまり置いてないです。

実は茶髪、一時期赤霧島を始めとする、紅芋焼酎にハマっていて家にストックしていました 笑

香りが普通の芋焼酎とは違ってフルーティーで、後味もほんのり甘みを感じる、ちょっと焼酎らしからぬ味が美味しいのです。

芋焼酎のあの独特の芋臭さが嫌な人や、若い人でも飲みやすいお酒だと思います。


そして最後の1本は白霧島です。

白霧島は、麹に白麹を使って作られています。

ちなみに黒霧島は黒麹を使っているので、"黒"霧島です。

味は黒霧島よりも癖がなく、まろやかな味わいです。

芋焼酎の芋臭い感じが好きな人には少し物足りないかもしれません。


写真を撮りながら、よく見る白霧島かーと思っていると、ラベルに宮崎限定の文字が。

何が限定なのか疑問に思い、霧島酒造のホームページで調べてみると、以下のような説明が書いてありました。

"原料の風味を活かすブレンドにより、ずしっと響く飲み応えと長い余韻が特徴の「霧島《宮崎限定》」お湯割りにすることで、さつまいも由来の濃厚なコクと香り、さらに引き立つうまみが、より一層楽しめます。"

霧島酒造ホームページより
http://www.kirishima.co.jp/products/imo/kirishima-miyazaki.html


どうやら宮崎人のために、味をカスタマイズしているようですね 笑

お湯割りにしたら美味しいとのことなので、これから寒くなってきたら開けて味を楽しんでみようと思います。


まとめ

今回はJGC修行を福岡~宮崎路線で行った際の搭乗券でキャンペーンに応募したら、焼酎が当たった話を書きました。

茶髪の場合は宮崎路線搭乗者向けのキャンペーン開催時に、たまたま修行で福岡~宮崎路線に乗っていたので応募することができました。

しかも茶髪の好きな焼酎が当たってラッキーでした。

現在も空の絆キャンペーン冬verが開催されているので、冬季に修行された方は忘れずに応募しましょう。


また、他の地域で修行等でJAL便に乗った方もいるかと思います。

自分の乗った路線が何か対象になっていないか、他の地域でも同様のキャンペーンが開催されていることがあるので小まめに情報を調べにいきましょう。

地道な努力をすることで、茶髪のように何か景品が当たるかもしれませんよ。


0 件のコメント :

コメントを投稿