JGC修行解脱【実録】50回目のフライトからJGCカードが届くまで ~経験を基に解説します~


2017年の10月。

ついに茶髪はJALグループの年間搭乗回数が50回になり、JMBサファイアになることができました。

ところで茶髪の目標にしていたのはJGC入会。

サファイアになって喜んでいるだけではJGCに入ることはできません。


JGCに入会するためにはカードの切替(入会申請)が必要です。


ただしこのカードの切替、ステータスを達成してから普通のやり方だと1ヶ月ほど時間が必要になります。

性格がせっかちな茶髪は、サファイア達成後今すぐにでもJGCカードが欲しいぐらいの気持ちでした 笑

そこで、なるべく早くJGCカードを手に入れるためにはどのような方法で申請をすれば良いのか、茶髪の経験と共に解説しようと思います。

JALカード CLUB-AをJGCカードに切り替える方法

まずはJALカードCLUB-AをJGCカードに切替する方法を説明します。

方法は3種類あります。


1. サファイアカードと同封されている切替申請書に記入して返送する方法

2. JGC事務局に電話して、サファイアカード到着よりも早く申請書を送付してもらう方法(通称ワープ申請)

3. JALカード会員専用オンラインサービスMyJALCARDからカードの切替をしてもらう方法


この3つです。

1つ目は最も王道な方法で、サファイアステータス達成後、1週間~2週間ほどでJALから送られてくるステータスカードと同封されている、JGC切替申請書に必要事項を記入して事務局に返送する方法です。

これだと特に手間はかからないのですが、ステータス達成からJGCカードが手元に届くまでかなりの時間(1ヶ月ほどがかかります。


これでは中々手元にカードが届かないので、違う方法を調べることにしました。

その時に見つけたのが2番目の方法です。

これは裏技的な方法で、ステータス達成後JGC事務局に電話をしてカードの切替を行いたい旨を伝えると、必要な書類をすぐに発送してもらえるというもの。

ステータスカードの到着を待たずに申請書を書けるため、1番の方法よりも早くカードの切替を行うことが可能です。

ただし注意点として、JALから届くステータスカードのデザインが通常のものと異なってしまいます。

どのような違いかというと、青色のサファイアカードの中央にJGCマークが入ったステータスカードが届いてしまいます。

逆に言えばこれしか違いはありません。


通常のやり方よりは早いし、カードの違いは茶髪は気にならなかったので、2つ目の方法で申請すればいいかーと思っていたのですが、JALの公式サイトでとあるページを見つけました。

http://faq.jal.co.jp/app/answers/detail/a_id/15352/~/jal%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%EF%BC%88jgc%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%85%A5%E4%BC%9A%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%E3%80%82


どうやら提携ブランドやカード種別を変更しない場合は、オンライン上から切り替えの申請ができるようです。

ちょっとググってみると、このサービスが始まったのはわりと最近のようでして、2016年の先輩修行僧の方達ぐらいから報告があがっていました。

オンラインならば申請書の郵送の時間がかからないので、更に時間が短縮できそうです。

茶髪は提携ブランドもカードの種別も今のままで問題ないと思っているので、この方法でJGCの入会申請を出すことに決めました。

50回目のフライト終了後からサイト上のステータス表示が変化するまで

オンライン上でJGC入会の申請をすると決めたはいいものの、そもそもJALの公式サイトのステータスがサファイアに更新されて、尚且つJALカードのMyJALCARDページで切り替えが可能になるまで待たないと申請ができません。

JALユーザーの方ならご存知かと思いますが、JALは搭乗後翌日にサイト上のデータが更新されるのではなく、翌々日にならないと更新されません。

それに加えてステータスの更新は更に翌日にならないと更新されません。

このように反映がものすごく遅いのです。


急いでJGCに入会したい茶髪はステータスが更新されるまで、毎日のようにリロードマークを押しまくっておりました 笑

今後JGC修行を行う方で同じようなせっかちな方がいらっしゃると思いますので、ここからは茶髪のステータス表示がどのように変化したかをまとめるので、修行の参考にしていただければと思います。

10/03 21時頃(50回目のフライトを終えたその日の夜)


50回目のフライトを終えて家に帰り、PCを起動後すぐに撮ったスクショです。

当たり前ですが、まだ何も変化していません。

10/05 10時頃(フライトから2日目)搭乗回数更新


フライトを終えてから2日目の朝、サイトを確認すると搭乗回数が50回に更新されました。

しかしこの時点だとまだステータスはクリスタルのままです。

10/06 0時頃(フライトから3日目)ステータスがサファイアに


搭乗回数が更新された次の日、というか日付が変わってほんの数分。

ステータスがクリスタルからサファイアに更新されました。

この時は本当に嬉しかったです。


サファイアに更新されたので、JGC入会申請ページが出ただろうと思い、早速MyJALCARDのページへ。

しかしこの時点ではまだJALカードのページから切り替えはできませんでした。

10/07 深夜4時頃(フライトから4日目)JGCカード切り替えページが出現


フライトから4日目の深夜4時頃。MyJALCARDのページへアクセスすると、ついにJALグローバルクラブへ入会というページができていました。

この瞬間を待ち侘びていたので、早速茶髪は入会申請をしました。

ところでなんで深夜の4時頃なのかというと、この日は夜勤のバイトで休憩時間に何気なくノートPCでサイトを見ると更新されていたのです 笑

本当は0時頃に確認したかったんですけどね。


さて、毎日のようにJALサイトを見続けることで、50回目のフライト終了後からJGC入会の申込みができるまで、最短で4日間ということがわかりました。

今後修行をするせっかちな修行僧な方々も、これぐらいはかかると頭の片隅に置いておくと精神衛生上よろしいかと思います。

MyJALCARDからオンライン上でJALグローバルクラブに入会申請

MyJALCARDのJGC入会ページが現れたので、変更手続きへ進むボタンを押して早速申請を開始しました。

スクリーンショットを何枚か撮りましたので、その様子を貼り付けつつ解説をしたいと思います。



https://www.jal.co.jp/jalcard/mr/


まずは入会にあたっての注意事項のページです。

・お申込みにあたって
通常お申込みからカード発送まで約2週間かかる
普通カード、学生専用naviカードの場合はCLUB-Aに切り替えになる

まず、申し込みから2週間程度かかるとのことですが、こればかりは気長に待つしかありません。

詳しくは後述しますが、茶髪の場合は申込みから15日で届きました。

次に、JGCに入会するにあたり、普通カードまたはnaviカードしか持っていない人はCLUB-Aカードを新規に発行しないといけません。

以前JGCの解説記事を書いた時にも注意しましたが、もしここで審査落ちしてしまうとJGCに入ることができません。

もしJGCに入会したいと思っている方は、事前にCLUB-Aカードを発行しておきましょう。



https://www.jal.co.jp/jalcard/mr/


・現在お持ちのJALカードについて
Visaカード、Master、TOKYU POINT ClubQ、ダイナース、アメックスを使用している方
→新カードが届き次第各自で破棄

JALカードSuicaを使用している場合
→返信用封筒に以前のカードを入れて返送

何やらJALカードSuicaだけ別対応です。

茶髪はこのカードを使っているから他人事ではありません。

注意書きにも書いてありますが、どうやらSuica機能の引き継ぎのために以前のカードは返送しないといけないようです。



https://www.jal.co.jp/jalcard/mr/


上記の規約に同意したら、年会費と現在お持ちのJALカードについて、というチェック欄をクリック、この項目の後にMyJALCARD認証の欄があるのでパスワードを打ち込んで次のページに進みます。



https://www.jal.co.jp/jalcard/mr/


次に現在使用しているカードの確認と、年会費の確認、JAL国際線使用時に窓側か通路側のどちらを希望するかという項目があります。

茶髪は飛行機から見る上空の風景が好きなので窓際を希望して、申込内容を確認するボタンを押しました。


次のページはカード送付先の確認の画面です。

スクリーンショットは撮ったのですが、モロ個人情報なので載せていません。

内容を確認して間違いがなければ次に進みましょう。



https://www.jal.co.jp/jalcard/mr/


これでJGC入会申請の作業は終了です。

あとはJGCカードが先程の送り先に届くのを待つだけです。

JGC入会申請から新カードが届くまで

JGC入会申請をWEBから出した後、JAL公式サイトのマイレージページのステータス変化と、カードが届くまでの日時を紹介したいと思います。

10/12 8時頃(フライトから9日目)ステータスがJGCサファイアに変化




フライトから9日目、JGC入会の申請から5日目の朝、JALのマイレージページを見に行くとステータス表示がJMBサファイアからJGCサファイアに変化していました。

一見JMBサファイアと同じような見た目ですが、中心にJGCロゴが追加されています。




この時MyJALCARDのページを見てみると、今まではビュー・スイカ JCB CLUB-Aカードだったのが、JGC CLUB-Aカードに変化していました。


10/18 21時頃(フライトから15日目)JGC JALカードが家に届く





フライトから2週間と1日経った夜。

ついに茶髪宅にJGC JALカードが届きました。

カードはクロネコヤマトのセキュリティパッケージという封筒に入って届けられます。

セキュリティパッケージというのは、届け先の住所で対面で受け渡しでないと配達が完了しない配達プランです。

茶髪は配達時は家にいたのでそのまま受け取れましたが、もし不在の場合はポストに不在票が入るので、再配達を依頼して受け取ることになります。





開封すると中には

・JGC JALカードSuica本体とカード情報が記された書類
・JALグローバルクラブ会員特約
・旧JALカードSuica返送用封筒
・JALカードSuicaお届けのご案内
・VIEWカード会員規約
・JALカード会員規約
・JALカード保険のご案内
・JALカードSuicaご利用のご案内

これら8つの書類が入っていました。

下の4つはJGCカードというより、JALカードSuicaに関する書類です。

この中で大切なのはJALカードSuicaお届けのご案内と、旧カードの返送用封筒です。

前述の通り、JALカードSuicaは以前使用していたカードを破棄するのではなく、返送する必要があります。

そのための注意事項が記されているので、よく読んで返送しましょう。





JALカードSuicaお届けのご案内冊子を開くと、中はこのようになっています。

右側のページを更に開くと別のことも書いてあるのですが、そこはカードを紛失した場合の対応なので今回は関係ありません。

JGCカードに切り替える時はこの2ページを読めば大丈夫です。


まず右側の内容ですが、旧カードのSuica機能にチャージしてあったお金についてです。

どうやら新カードの方に自動で移し替えてくれていて、旧カードのSuica機能は使用できないようになっているとのことです。

実は茶髪、カード切り替えの申請をしていたことをすっかり忘れていて、新カードが届く数日前に熊本の市電で旧カードのSuica機能を使おうとして運賃箱に見事にハネられるというミスをやらかしました。

これからJALカードSuicaをJGCカードに切り替えようとしている皆さんは、切り替え申請をした後はSuica機能を使わないよう気をつけて下さい。


さて、左側のページについてですが、こちらは旧カードの返送と、旧カードで国内線を購入している方への注意事項が書いてあります。

まずカードの返送についてですが、同封されていた返送用封筒に旧カードに切り込みを入れて送付してくださいとのこと。

切り込みをいれないともしもの時大変ですからね…

というか、いくら使用できないクレカとはいえ紙のちゃちい封筒で送るのはどうなのか…という気もしますがルールなので仕方ありません。


次に旧カードで国内線航空券を購入している人への注意事項ですが、これはタッチ&ゴーを利用する場合についての注意事項です。

要約すると、新カードでも他のJALカードでも、お得意様番号が同じカードなら問題なく利用できるぞ。

ってことだそうです。

ちなみに茶髪は搭乗当日にカウンターか自動発券機で搭乗券を発券するので、あまり関係ありません。


ところで、この時茶髪の手元には新しいJALカードが届いたのですが、JMBサファイアのカードが届いていません。

他の修行僧の方のブログを拝見すると、フライトから1週間ほどで手元に届いているようなのですが…

まあ、結局順序が逆なだけで後から来たのですけどね。
※詳しくは後述します。

JGC JALカードSuica CLUB-AとJALカードSuica CLUB-Aの比較





せっかくなので、旧カード返送前にデザイン比較用ということで写真を撮りました。

左側がJALカードSuica CLUB-Aで、右側がJGC JALカードCLUB-Aです。

1番の違いは旧カードは名前が真ん中に書いてあるのに対して、JGCカードは左上に書いてあり、中心部分にはJGCのロゴが書かれていることでしょう。

JGCカードはノーマルCLUB-Aカードに比べてゴチャゴチャとした印象を受けます。

まあこれは茶髪がJALカードSuicaを選んでいるからというのも原因ですけどね。

左側のカードはこの後切り込みを入れて、返送用封筒に入れてポストに放り込みました。

修行や就活時に大活躍してくれた旧カード、1年間茶髪を支えてくれた旧カードに感謝です。

10/20 15時頃(フライトから17日目)JMBステータスカードが到着





JGCカードが届いた翌々日、フライトから17日目の15時頃にJMBサファイアカードが郵送されてきました。

こちらの配送はクロネコヤマトではなく、郵便局でした。







開封すると、中にはJMBサファイアカードと、JMBサファイア達成に関するJALからの手紙、JGC入会申請用の書類が入っていました。

上記のように茶髪の手元には既にJGCカードが届いているので、今回はステータスカードだけありがたくいただきます。


さて、これで手元にワンワールドサファイアを証明するステータスカード、JGCに入会している証であるJGC JALカードの全てが揃いました。

フライトから17日目で全てのカードが揃ったことになります。

他の修行僧の方と少々違う点もありましたが、これにてJGC入会申請は完了です。

まとめ

ここまで50回目のフライト終了から、JGCへの入会申請、JGC JALカードの配達完了までの様子を、茶髪の感想と共に書いてきました。

内容をまとめますと…

50回目のフライトから15日でJGC JALカードを手に入れることができ、17日でサファイアステータスカードも揃う。

という結果になりました。

他の修行僧の方と少し違う点もありましたが、だいたいこのぐらいで皆さんも全てのカードが揃っているようです。


ところで何故今回茶髪はオンラインから申請して最短でJGCカードを手に入れようと思ったかというと、実は50回目の搭乗から3週間後にフライトの予定があったからです。

なんとしてもそれまでにJGCに入会して手元にカードが欲しいと思っていたのです。

JGCの特典の1つに、国内線の座席指定の範囲が広がるというものがあります。

これを早く使いたかったのがJGC入会を急いだ理由です。

結果的にフライトから17日でカードは届き、無事フライトまでに間に合ったのでよかったです。


余談ですが、オンライン上のステータス表記がJGCサファイアになった瞬間から、指定できる座席が一気に増えました。

やはりJGCの力は偉大です。

早速JGCに入会できてよかったなーと思いました 笑


さて、これで今回の記事は終わりにしたいと思います。

これから修行やお仕事などでサファイア会員になった方々が、この記事を読むことで、JGCに入会する際に何かの助けになれば幸いです。


0 件のコメント :

コメントを投稿