JGC修行【就活】サクララウンジを堪能した後は伊丹経由で福岡へ

前回の記事では羽田空港に到着した後に行った、サクララウンジ訪問記を書きました。

茶髪の人生初サクララウンジだったのですが、ビールも飲み、マッサージチェアで疲れもとり、大満足でした。

さて今回はその続き、本来の目的である伊丹行きに搭乗した際の出来事と、その後の乗継便の福岡行きに乗った際の出来事を書いていきたいと思います。


まずはスカイメイトを使って羽田空港から伊丹空港へ移動


前回の記事でも書いたように、今回の帰り道はスカイメイトを使って帰ります。

羽田→伊丹のスカイメイト運賃は9800円です。

直前に予約する場合の最安値の運賃、特便割引よりも安く、この値段で大阪まで飛べるというのはお得ですよね。


スカイメイトを使う場合、予約画面の座席数表示のところが◯の場合に発券できます。

つまり座席が多い大型の機材が使用されている路線、しかも便数が多い路線だとスカイメイトで乗れる確率が高いです。

羽田→伊丹路線は日本の大都市間の路線なだけあって、上記の条件を満たしています。

そこで、今回福岡まで行くのに経由するのは伊丹経由に決定しました。


ところで少し話がズレますが、JALの公式サイトで羽田→福岡の便を検索した際、乗り継ぎボタンを押すといくつかの候補が出てきます。

ざっくしまとめると

・羽田→伊丹→福岡
直接福岡まで飛ぶのとあまり値段が変わらない
しかも羽田→伊丹は便数が多いので便利
ただし伊丹→福岡は午後の便が夜しかないのがネック

・羽田→松山→福岡
羽田→松山と松山→福岡共に値段が高い

・羽田→宮崎→福岡
羽田→宮崎が羽田→福岡と値段が大差ないので割高になる

このように、1週間前ぐらいに予約をする場合、どこかを経由するなら伊丹経由以外に選択肢がなくなります。


スカイメイトを使わずに特便割引1や3を使って予約する場合でも、伊丹経由がおすすめです。

茶髪と同じような状況の人がどれだけいるかわかりませんが、もしJGC修行を回数で行っていて、しかも羽田と福岡を頻繁に行き来することがあったら参考にしてください。


さて、話を戻して羽田から伊丹に移動するため、搭乗口へ移動します。



今回の出発は搭乗口15番からです。

サクララウンジから歩いてくる途中で気がついたのですが、搭乗口15番は北側のサクララウンジの目の前でした。

てっきり西日本方面への出発はターミナル南側に固まっているのものだと思っていたので、少し時間を損してしまいました。

次回からは搭乗口の場所を確認してからどちらを使うか決めないといけないなと思いました。


その後搭乗時刻になったので、機内へと入りました。



今回の機材はB767-300です。

767は777より一回り小さい機材で、2列4列2列の配置になっています。

基本的に茶髪は窓際に座るのですが、777だと自分の横に2人座ることがあり、搭乗時に座るのが大変だったり、到着後に降機するまで時間がかかることがあります。

しかし767の場合は横に一人だけですので、少し楽に搭乗や降機が行えるのが良いとこだなと思います。



その後定刻でドアクローズ、福岡空港のように滑走路渋滞に巻き込まれることもなくすぐに離陸しました。

眼下には東京湾沿いの工場地帯の風景が見えました。

この時間はまだ明るかったですが、あと2時間後ぐらいの便だと夜景が綺麗でしょうね。


この後はすぐに雲の中に入ってしまい、しばらく飛行した後雲の上へと出ました。

この日は西日本は天気が悪く、特に四国と南九州の上空は気流が荒れているとのことでした。

ですので、結構揺れるかなと思っていたのですが思ったよりも揺れませんでした。


その後、外も雲しか見えずに暇だったので窓に寄りかかって爆睡。

伊丹空港に向けて着陸態勢に入った頃に目が覚めました。



先程まで機体の下に見えていた灰色の雲の中へと突入していきました。

大阪の天気は雨のようで、伊丹に着陸するためにはその雨雲を突っ切る必要があります。

雨雲の中は揺れます。

大型の機材の割には揺れたので、内心結構ビビっていました 笑



その後フラフラと揺れながら雲を抜け、無事伊丹空港に到着しました。

伊丹空港は雨が降っていて、滑走路に着陸した際には結構な水しぶきが上がっていました。



伊丹空港到着後、次の福岡行きまでは1時間半ほどの時間がありました。

次に乗る便が福岡空港に到着するのは夜の21時過ぎになってしまうので、伊丹空港内で何か少し食べてから次の便に乗ることにしました。


以前紹介した伊丹空港にある秘密の食堂OASISで何か食べようかとも思ったのですが、営業時間が19時までだったので無理そうです。


そこで他には何のお店があるのかなーとスマホで調べてみると、JALの本拠地である南ターミナルではなく、ANAの本拠地の北ターミナルに551蓬莱があるのを見つけました。

せっかくなので、少し距離はありますが、551蓬莱の豚まんを食べていくことにしました。

元々関東に住んでいて、現在九州に住んでいる茶髪はあまり知らなかったのですが、関西に住んでた人なら誰でも知っているというぐらい有名な豚まんらしいです。

あまりたくさん夕食を食べてしまうと、この日の天候の悪さでしかもエンブラエル170でのフライトになると気持ち悪くなりそうだったので、豚まんぐらいがちょうど良いなと思いました。



というわけで、551蓬莱のある北ターミナルまで移動してきました。

ところで、伊丹空港も福岡空港同様に現在絶賛工事中なのですが、南ターミナルから北ターミナルへ2階フロアから直接移動することができません。

そのため一度3階に登り、各ターミナル間の連絡通路のようなところを抜けて移動する必要があります。

福岡空港ほどではありませんが、迷子になりそうなので注意が必要です。



お店に着き店内で食べようか迷ったのですが、出発時刻が迫っていたので持ち帰りにしてどこかのベンチで食べることにしました。

さすが人気店なだけあって、10人ほど並んでいました。

持ち帰りはお店横の専用のレジで会計ができます。



こちら開封した写真です。

今回は豚まんを2つとちまきを1つ買いました。

どちらもできたてホヤホヤでとても熱く、食べるのに苦労しました 笑


しばらく熱さと格闘して食べ終わった後、保安検査場を抜けて次の便に乗るため搭乗口22番を目指しました。



搭乗口22番に到着です。

場所は保安検査場を抜けて右に歩き、しばらく歩き続けたところにあります。

ここから乗る便は、福岡行きの最終便。出発時刻は19時55分とかなり遅いです。


少し話がそれますが、伊丹~福岡路線について茶髪は不満があります。

それは出発時刻が午前中とお昼に固まり過ぎなことです。

・7:35発
・9:45発
・12:50発
・19:55発

このような時刻になっています。

見てもわかるように、夕方以降の便は今回茶髪が乗る19時55発のみになっています。

せめてもう1便夕方に増やしていただきたいものです。



さて、そんな愚痴はいいとして、今回乗る機材の写真です。

毎度おなじみのエンブラエル170です。

今回の搭乗で13回目の搭乗になります。


その後しばらくして搭乗時刻になりましたが、機材準備の関係から5分遅れて搭乗が開始されました。

搭乗後しばらくしてドアクローズ。
滑走路へ向けて動き出したのですが、なぜかその後20分ほど経つまで離陸しませんでした。

何が原因だったのかはアナウンスなどもなかったので不明です。


離陸後、再び雨雲の中に入ったE170は、今までの大型機とは比べ物にならない揺れをしながら上空へと上がっていきます。

しばらくして安定しましたが、上空でもところどころ揺れが襲ってきました。

そんな乗り心地が決して良くないフライトの中、茶髪は何も気にせずに爆睡しておりました 笑

ところどころの揺れで起こされてはまた寝て…というのを何度か繰り返していると、機内に着陸態勢に入るとのアナウンスが入りました。


それでですね、ここからが地獄でした。

福岡市内の明かりが見えてきたぐらいからすんごい揺れるんですねぇ…

これはさすがに今シーズンたくさんE170に乗っている自分でも少し恐怖を感じました。


もしかすると、普段の天候が悪い日と同じぐらいの揺れなのかもしれませんが、夜のフライトだと外の風景が見えないので怖く感じるのかもしれません。



そんな悪天候の中でしたが、さすがはJALのパイロット、何の問題もなく着陸して無事福岡空港に到着しました。

福岡空港への到着は定刻よりも20分程度の遅れで到着しました。


この後はいつものように地下鉄とJRを乗り継いで佐賀に帰るのですが、この時間になると博多駅からの接続が非常に悪くなります。

まあ仕方がないことなのですが、博多駅で長崎方面の特急を30分ほど待った後、酔っぱらいまみれのかもめに乗って深夜の佐賀駅へと向かったのでした。

まとめ

ここまで3回に渡って、就活で東京へ出向いた際のフライトとサクララウンジに訪問した際の出来事を記事にしました。

今回はその就活の帰り道、羽田→伊丹→福岡の搭乗記を書きました。

羽田→伊丹はスカイメイトを利用し、フライト直前としてはかなり安く移動することに成功しました。

また、伊丹→福岡と乗り継ぐことで、通常1レグのところを余分に1レグ稼ぐことができて、JGC修行的にも美味しいフライトとなりました。

ご報告

実は今回の就活は、とある企業の最終面接を受けるために東京へ行きました。

今年の就活は6月から本格的に面接が解禁になるので、それに合わせて最終面接を行うとの連絡が来たのです。


普段は就活の内容についてはブログに書いていないのですが、今回ばかりは事情が違うので少しだけ話したいと思います。


この面接の受けた時の最後に

「茶髪さん、内定です。では、来年からもよろしくお願いしますね。」

との言葉をいただき、握手を交わして面接は終了しました。


無事、第一志望だった会社に内定をいただき、茶髪の就活は終了しました!

このブログを読んでいて応援してくださっていた方々にもお礼を述べたいと思います。


ありがとうございました。


どこの会社かはさすがに書くことができませんが、説明会や工場見学会などの時に社員さんに聞いた話だと、かなり海外出張が多い会社とのことです。

そのため、今年JGCを取って、one worldのエアラインで出張に行ってラウンジを堪能しつつ、JALマイルを貯めたいなーなんて野望を持っております 笑


なにはともあれ、これで来年からプー太郎になることがなくなり一安心です。


就活でレグ数を増やすことができなくなるのは悲しくもありますが、この先は就活と兼ね合いではなく、本当の修行をしてJGCを目指していきたいと思います。


というか、実はもう夏に行う予定の「修行第3弾福岡~宮崎ひたすら往復修行2nd」と、「修行第4弾福岡~宮崎ひたすら往復修行3rd」の航空券購入は済ませていたりするんですけどね 笑

今後の修行計画であったり、予算であったりは後日また記事に書きたいと思いますので楽しみにしていてください。


0 件のコメント :

コメントを投稿