JALは飛んでないけど地元の佐賀空港を紹介します|いつの日かファーストクラス

JALは飛んでないけど地元の佐賀空港を紹介します

このブログの管理人である茶髪は現在佐賀に住んでおります。

九州内では最も影が薄い佐賀県。

佐賀というと、長崎への通過点だの、福岡の一部だのあまり良くない噂も聞きますが…
実際に住んでみると、野菜やお米も新鮮で美味しく、佐賀市内であればお店もそこそこあり、生活に必要なものは徒歩で買いに行ける範囲にあり困りません。

また、上記の悪評も裏を返せば、少し足を伸ばせば福岡市内へのアクセスしやすいという利点になります。

ただし、観光地は西部の有田や嬉野、武雄などしかなく、これらの観光地も他県の観光地に比べると…って感じで、影の薄さは否定できません。



さてそんな地味な佐賀県ですが、一応空港が存在します。

その名も、「九州佐賀国際空港」です。

公式サイトはこちら
http://www.pref.saga.lg.jp/airport/

地味な佐賀県のくせに国際空港?

そうなんです、名前の通り一応国際線が就航しています。

ただ便宜上この後の記事では佐賀空港と書きたいと思います。


ところで茶髪はJGC修行中なのでJALを多用しているわけですが、
佐賀空港にはJALは就航していません。


じゃあなぜこのブログでとり上げる必要があるのかという話ですが、
JALにこだわらなければ、佐賀県とその周辺に住んでいる人なら意外に便利なんじゃないかと思ったからです。

なので今回は、一度JGC修行中という身を忘れて、一人の一般客という視点で佐賀空港を紹介したいと思います。

佐賀空港について

佐賀空港は、上記したように正式名称は九州佐賀国際空港という名前です。


場所は以下のような佐賀市最南端の有明海に面した位置にあります。

写真を撮った時は気が付きませんでしたが、目の前に虫が飛んでいますね…笑

https://maps.google.co.jp/

地図を見てもわかるように、非常にアクセスがしにくい場所にあります。
佐賀空港のアクセスについては後述したいと思います。

佐賀空港に就航している路線

上記に書いたように、JALは就航していない佐賀空港ですが、下記のような会社が、国内と海外に路線を保有しています。

国内線
ANA
佐賀~羽田(1日5往復)
春秋航空
佐賀~成田(1日2往復)

国際線
春秋航空
佐賀~上海(浦東)(月・水・土に1往復)
t-way航空
佐賀~ソウル(仁川)(1往復 時間が曜日によって異なる)

2017年5月現在

このような路線が就航しています。

国内線は、ANAが1日5往復羽田便を就航しており、東京へのアクセス時には便利です。
利用客も多いようで、時間によっては満席なこともあるようです。

成田空港へは、中華系LCCの春秋航空が1日2往復就航しています。
以前は1往復だったのですが、利用客の多さから増便されました。
ただし、この会社は路線の見直しを頻繁に行うので、また1往復に戻される可能性はあると思います。

以前茶髪も春秋航空で東京に出かけたことがありますが、手荷物の量など、LCCを使う時の注意事項を気をつければ、大手エアラインの5分の1以下の値段で飛ぶことができるのでおすすめです。

国際線は、春秋航空が佐賀~上海便、韓国系LCCのt-way航空が佐賀~仁川便を飛ばしています。
ただし曜日によって、時間が異なったり、そもそも便がなかったりするので注意が必要です。

どちらもレガシーキャリアでなく、LCCなので、格安で海外に行きたい場合にはおすすめです。

佐賀空港へのアクセス

上記したように、佐賀市の一番南側に位置する佐賀空港。
非常にアクセスが面倒です。

アクセス方法は大きく2つあります。

1.公共交通機関を使ったアクセス
2.マイカーでのアクセス

公共交通機関でアクセス

まずは公共交通機関を使ったアクセスについて説明します。

佐賀空港へは鉄道でのアクセスはできないので、何らかのバスを使ってアクセスすることになります。

佐賀空港までのバスは、佐賀市営バスが運行している佐賀駅バスセンターから出るものと、西鉄が運行している天神から出る高速バスの2種類があります。

まず佐賀駅から出るバスですが、JR佐賀駅横にある佐賀駅バスセンターから出発します。
佐賀空港まで途中どこにも停まらない直通と、途中幾つかのバス停に停まりながら佐賀空港まで来るものがあります。

以下の写真は佐賀空港で出発時間を待っている佐賀駅行きのバスです。



時間帯によって直通か各停か決まるので、詳しくは以下のサイトをご覧ください。


もう一つの西鉄の高速バスについてですが、天神バスセンターから出発して、途中博多バスセンター、高速基山を経由して佐賀空港に向かうバスになります。

ただしこのバスは1日1往復で、しかも上海行きの時間に合わせてのみしか運行しません。

そのため、国内線を使う人はほぼ上記の佐賀駅からのバスを使うことになると思います。


バス以外にも、リムジンタクシーでアクセスする方法もあります。
人数が多い場合や、佐賀県内からアクセスする場合は利用するといいかもしれません。

マイカーでのアクセス

公共交通期間でのアクセス方法について説明しましたが、正直行ってあまり便利ではありません。

茶髪の場合は車を持っていないのでバスで行くしか方法がありませんが、地方に住んでいる人なら車を持っている場合が多いと思います。

その場合は、迷うことなく、車でアクセスすることをおすすめします。

なぜなら、佐賀空港は駐車場が無料だからです。



佐賀空港は、何日駐車しても無料です。
これはかなり太っ腹です。



駐車場の台数も、合計で約1600台あるので、まず間違いなく停められると思います。

ただし利用時間が5時~22時となっているので注意が必要です。
(※警備員に連絡すれば、時間外でも出庫できるようです。)

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

空港ターミナル

空港のターミナルは3階建てです。
国内線は2Fから出発、国際線は3Fから出発となります。また到着口は1Fです。

1F


http://saga-ab.jp/terminal_map/



1Fには各エアラインのカウンターと、到着口、到着ロビーがあります。



ターミナルの一番東側に各社のカウンターがあります。
手前からANA、春秋航空、t-way航空です。

茶髪が訪れた時は出発便がいなかったのでガラガラですが、出発時刻が近いとかなり混んでいます。

写真には写っていませんが、左側に春秋航空の自動チェックイン機、右側にANAの自動チェックイン機があります。

何か特別な用事がない限りは、事前に二次元バーコード等を印刷やスマホに入れて搭乗手続きをすると良いと思います。

2F


http://saga-ab.jp/terminal_map/


2Fには、国内線の出発口と、いくつかの売店があります。


まずこちらが出発ロビーと保安検査場の写真です。

地方空港ではよくあることですが、保安検査場が1つしかありません。
この時間は誰もいませんでしたが、時間によってはANAと春秋航空の出発時間が近いときがあるので、大行列が形成されることもあります。

左奥のほうに待合室が見えますが、保安場を抜けた先の待合室は座席が結構多いので、早めに空港に到着して待合室で座って待つことをおすすめします。


先程の出発ロビーの隣に、いくつかの売店があります。

ここでは佐賀県の名産品や、お弁当などが売っているので、時間に余裕がある場合は寄ってみると良いかと思います。

3F

http://saga-ab.jp/terminal_map/


3Fには国際線の出発口とレストラン、有料の待合室(ラウンジ)があります。


佐賀空港のターミナルの西側は国際線用のターミナルなのですが、建物外部からは入ることができません。

国際線に乗る場合には、この先にある保安検査場を抜けてから税関と出国審査を受けて待合室へと向かいます。

実は茶髪はココから国際線に搭乗したことがないので詳しくはわかりません 笑
この先がどんな構造になっているのか、気になります。


2Fからエスカレータで登ってきたら目の前に現れるのがこのレストランです。

空港内にはこのレストラン以外に食事ができるお店がないので、事前にどこかで食べてくるか、このレストランで食事をすることになります。

ただしお値段は…空港価格です 笑


先程のレストランの左側に有料の待合室があります。なんちゃってラウンジです。

ただしこの待合室、他の空港のようにクレジットカードのゴールドカードがあっても入ることができません。

料金は大人300円。
まあ高くはありませんが、正直わざわざお金払ってまで中に入る必要はあるのでしょうか…

けち臭い茶髪は一度も使ったことがありません 笑

RF

http://saga-ab.jp/terminal_map/


屋上には展望デッキがあります。

ただこの展望デッキ、行く価値がまったくないと茶髪は思います

なんでかって?


展望デッキ入るだけでお金がかかるからです。

正直ありえないと思います。

他の空港で展望デッキにお金取る空港って聞いたことがありません。

仮にもしお金を払って中に入ったとして、そこから見えるのは有明海とたまーに飛来する春秋航空とANAの機材。

はたして100円払ってまで入る価値があるのだろうか…疑問です。


茶髪が訪れた時間帯には中に誰もいませんでした。
まあ、出発、到着便共にない時間だったからかもしれませんけどね。

まとめ

今回は、茶髪の住んでいる佐賀県唯一の空港、九州佐賀国際空港について記事を書きました。

佐賀空港は、佐賀県や佐賀周辺の福岡県南部や熊本県北部に住んでいる人にはアクセスしやすく、東京に出かける際には便利な空港ではないかと思います。

出張やANAマイラーの方々は、佐賀~羽田のANA便が1日5往復と、地方便の中ではかなり多い便数が飛んでいるので利用してみてはいかがでしょうか。

また茶髪のような貧乏学生は、春秋航空を使えば格安で成田まで飛ぶことができるのでおすすめです。

福岡空港にはJetStarやPeachが就航していますが、福岡~成田は人気路線で安い航空券が売り切れることも多いので、もし上記2社が満席の場合などに春秋航空の運賃を検索してみるのもありだと思います。
佐賀空港から福岡へは空港バスとJR or 西鉄高速バスを使えば2時間弱で行ける距離なのでおすすめです。


また、佐賀空港の一番の魅力は駐車場が無料だということです。

佐賀周辺に住んでいる人なら車を所有している人が多いと思いますので、家から空港まで車で行けるのはかなり楽かと思います。

ただし、佐賀空港からの行き先は東京か上海、仁川しかありませんので、大阪や名古屋、他の海外に行きたい人にとってはまったく役に立たない空港です。

以前は大阪便も就航していたようですが、廃止になってしまいました。
まあ正直、大阪なら新鳥栖から新幹線で行ったほうが楽ですからね…


まだまだ改善して欲しい箇所も多いですが、利用する状況によっては福岡空港よりも便利に使えるかもしれません。

佐賀周辺に住んでいる人は、一度利用してみてはいかがでしょうか。


0 件のコメント :

コメントを投稿