JALマイラーは羽田空港から都心へのアクセスは東京モノレールを使うとお得です|いつの日かファーストクラス

JALマイラーは羽田空港から都心へのアクセスは東京モノレールを使うとお得です

JALマイラーで、よく羽田空港を使う方に質問です。

羽田空港から都心へアクセスする際、東京モノレールと京急どちらを使いますか?

茶髪は品川や渋谷、新宿方面に用事がある場合は京急、浜松町や東京、上野方面に用事がある場合は東京モノレールを使うようにしていました。

しかしとあるキャンペーンの存在を知ってしまい、今ではどこに行くときでも東京モノレールしか使いません。

今回は茶髪の行動を変えてしまった、東京モノレール×JAL モノレールでタッチ!JALのマイルたまるキャンペーンについて記事を書いていきたいと思います。

東京モノレール×JAL モノレールでタッチ!JALのマイルたまるキャンペーン

さてこのキャンペーン、一体どんな内容なのでしょうか。

http://www.jal.co.jp/121campaign/tokyomonorail/

公式サイト


キャンペーンの内容ですが、JMB会員と紐付けしたICカードで東京モノレールに乗れば、その都度20マイルをプレゼントするというものです。

ただし、東京モノレールのどの区間でもいいわけではありません。

対象区間

対象区間は、「モノレール浜松町駅」⇔「羽田空港国際線ビル駅」「羽田空港第1ビル駅」「羽田空港第2ビル駅」が対象です。

※空港間の乗車(例:「羽田空港国際線ビル駅」-「羽田空港第1ビル駅」)は対象外です。
※「モノレール浜松町駅」以外の駅と空港間の乗車(例:「天王洲アイル駅」-「羽田空港国際線ビル駅」)も対象外です。

つまり、浜松町から羽田空港のどれかの駅間を乗り通した時にしかマイルが付きません。

まあJALと提携しているのに、途中の大井競馬場なんかで降りても飛行機関係ありませんからね 笑

キャンペーン期間

キャンペーンの期間は以下のようになっています。

2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)

しかし、去年も同様のキャンペーンを行っていたようなので、来年度も実施される可能性はあります。

対象のICカード

東京モノレールはSuicaのほか、PASMOなど全国の交通系ICカードが使えます。

Suica(モバイルSuica含む)、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種が使用可能です。

今の世の中は、ほとんどの地域でICカードが相互利用可能です。
自分の地域で使っているICカードを専用の機械でJMBと紐付けしておけば、問題なく使用することができます。

キャンペーン参加方法

キャンペーンに参加するには以下の手順で、駅構内の専用端末を利用してください。

1.対象区間の東京モノレールに乗車。

2.降車駅で自動改札機を出たらすぐ、対象の乗車履歴のある交通系ICカードを改札の外にあるキャンペーン専用端末にタッチする。

3.画面の表示に従って初回は参加登録をしてください。(2回目以降はキャンペーン専用端末にタッチするだけで自動でマイルが積算されます。)

改札外にある専用端末にカードをかざし、初回のみJMBと紐付け作業を行います。
その後は、ICカードをかざすだけでOKです。

これで毎回の羽田空港へのアクセス時に20マイルをゲットできます。

まとめ

今回は、東京モノレール×JAL モノレールでタッチ!JALのマイルたまるキャンペーンについて記事を書いてきました。

羽田空港を利用する場合、東京の都心へアクセスするには何らかの方法で都心までアクセスする必要があります。

その際に東京モノレールを使えば毎回20マイルが貰えるのはJALマイラーにとっては魅力的です。

しかし駅構内の専用端末が一台しかないため、時間によっては列が形成されていて時間がかかることもあります。

その点が若干マイナスではありますが、20マイルをただで貰えるようなものなので、茶髪は根気よく並んでいます 笑

空港快速などの列車だと同じような人が多いので、時間に余裕がある時は各停に乗って空港まで辿り着くと、車内も専用端末も混んでいないのでおすすめです。

JALマイラーの方で羽田空港を利用する場合は、お得だと思いますので是非キャンペーンに参加してみてください。


0 件のコメント :

コメントを投稿