JGC修行【就活】4月になったので就活にスカイメイトを使ってみました

3月以降、飛行機に乗る機会が格段に増えている茶髪です。

理由は3月から就職活動が解禁されたため。

企業説明会が始まり、工場見学会や、選考の面接などなど、福岡から飛び立ち、東京や大阪を頻繁に行き来しています。



そんな感じで頻繁に飛行機に乗っていると、問題になってくることがあります。


交通費です。


茶髪が在籍している学科は工学系のため、学校推薦というものがありまして、推薦を使っての選考をする場合は企業にもよりますが交通費を支給してくれることが多いです。

その場合は何も気にせずJAL便に乗って回数を稼げばいいのですが、問題は自由応募で選考を受ける場合や、企業説明会に参加する場合です。

一般的に、工場見学会や選考の最終面接は交通費が支給される場合が多いのですが、企業説明会や1次選考など初期の選考の場合は交通費が出ないことが多いです。

そこで、普通の就活生は、遠征時はなるべくまとめて、説明会や面接を受けるように日程を調整して工夫します。

ただし、それでもどうにもならない場合、仕方がないのでなるべく格安な手段で移動します。

周りの就活生に聞いてみると、LCCやスカイマーク、スターフライヤー等の料金が安めのエアラインを使ったり、高速バス、新幹線に学割で乗るという意見が多いです。


ところで、茶髪の場合はJGC修行中のため、なるべく安くJAL便に乗って移動することを考えています。

このようなマニアックな要求に答えてくれる制度がJALには存在します。


それがスカイメイトです。


以前スカイメイトの記事を書きましたが、2017年の4月からスカイメイトの対象年齢が26歳未満まで引き上げられました

つまり大学院生の茶髪も4月からは使えるようになったのです。

スカイメイトの詳細や、JGC修行に使えるかどうかなどを以前の記事に書いているので参考にしてください。


【学生必見】 スカイメイトの上限年齢引き上げで、大学院生もお得にJAL便搭乗可能に!


4月の1週目、大阪でとある企業の説明会があるので参加したかったのですが、なるべくお金をかけたくありませんでした。

そこで、せっかくなのでスカイメイトを使って行ってみることにしました。

今回は初めてスカイメイトを使った模様を記事にまとめたいと思います。

スカイメイトを利用するにはスマホやPCから空席状況を事前に確認

そもそもスカイメイトですが、当日に空席がある場合に格安で乗れる運賃になります。

つまり、当日に空きがないと発券できません

そのために、乗りたいと思っている便を数日前からチェックしておく必要があります。

ここでJAL公式サイト内のスカイメイトのページを見てみましょう。

https://www.jal.co.jp/dom/fare/skymate.html


空席情報をネットから確認する場合、空席状況によって○、△、×などの表示がされています。

この中で、○の場合は空港ですぐに発券してもらえます。
△の場合は、出発時刻直前まで待った後、空席があれば発券してもらえます。

ですので、なるべく○表記の便を狙って発券するようにしましょう。

搭乗当日の福岡発大阪行きの空席状況

さて、茶髪が移動予定だった日の、福岡~伊丹便の空席状況を見てみましょう。


茶髪が狙っていたのは14:35発のJAL2056便です。

普段は飛行機に乗る前、空港には1時間前に着く予定で行動しているのですが、今回はもし席が埋まってしまったら大問題なので2時間以上前に着くように行動しています。


博多から地下鉄内でスマホを使って空席状況を確認後、航空券購入カウンターへ向かいました。

カウンターにて発券作業

スカイメイトで航空券を購入する場合、受付カウンターの他に、自動チェックイン機でも購入することができます。

茶髪は初めて利用するため不安だったのと、カウンターが空いていたので受付のお姉さんに発券してもらうことにしました。


お姉さんとのやりとり


茶髪「スカイメイトで次の伊丹行きの航空券を購入したいんですけど。」

受付嬢「かしこまりました。」


JALカードを手渡す。

受付嬢、端末を少し操作した後


受付嬢「お席が空いておりますので発券いたします。お支払はクレジットカードでよろしいですか?」

茶髪「問題ないです。」

受付嬢「お席は窓側と通路側どちらがよろしいですか?」

茶髪「窓側でお願いします。」


直前の購入なので窓側が空いていないと思っていたのですが、ラッキーでした。

しばらくして…


受付嬢「発券できましたので、ご確認お願いします。」


受付嬢といつものように搭乗券の確認後、無事航空券をゲットできました。

ちなみに福岡~伊丹便のスカイメイトの運賃は9800円
1万円を切るこの価格で乗れるのはすごくお得です。

ちなみに当日に同じ便に乗ろうと思うと、最安値で22300円かかります。
いかにスカイメイトがお得かがわかるかと思います。

初搭乗のエンブラエル190で大阪へ

いつものように待ち時間を搭乗口10番付近の待合室で過ごした後、バスで移動して機材へ乗り込みます。


今回乗る機材ですが、エンブラエル190です。

茶髪がよくお世話になっているエンブラエル170と比較すると、一回りサイズの大きい総座席数95席になっているのが特徴です。

ちなみに、E170にはクラスJシートがありませんが、E190には15席あります。

詳しくはJAL公式サイトにまとめられています。


さて、そんなエンブラエル190ですが、今回初めての搭乗になります。

スカイメイトという格安の運賃、しかも最新機材に初搭乗ということでワクワクです。


搭乗後の自席からの写真です。
相変わらず福岡空港は魔改造中です。


その後定刻で離陸。
福岡の街を後にしました。


小型機材だと道中の揺れが不安になりますが、この日は天気もよく快適なフライトでした。


1時間弱で伊丹空港に到着です。

その後、大阪モノレール、阪急宝塚線と乗り継ぎ、最初は慣れなかった梅田での乗り換えも華麗に済ませて、治安の悪い新今宮へと向かったのでした。

まとめ

今回は4月から対象年齢が拡大されたスカイメイトを使って福岡から大阪へ移動した模様について書きました。

スカイメイトの発券条件は非常にシンプルで、当日に○マークの空席があれば発券できるというものです。

そのため、空席が多い不便な便を利用することが多くなるかもしれませんが、前日入りするなど予定を工夫することで旅費を抑えることができるので、若者は使わない手はないかと思います。

地方の就活生にとってネックになる交通費問題ですが、JRなら学割、大手のエアラインならスカイメイトを使うことで、費用を抑えることができます。

茶髪と同じような状況の方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。


0 件のコメント :

コメントを投稿