JGC修行【学会発表】東京出張は宮崎経由で 往路編|いつの日かファーストクラス

JGC修行【学会発表】東京出張は宮崎経由で 往路編

前回のフライトから約1ヶ月経った、とある3月の月曜日。
茶髪は福岡空港にやって来ました。

今回のフライトは東京である学会発表と就活のためです。



佐賀在住の人なら、佐賀空港からANAで佐賀→羽田と飛んだり、
もっと格安で行く場合には、春秋航空で佐賀→成田と飛ぶのが普通でしょう。

福岡空港を使う場合でも、値段が安いスターフライヤーやスカイマークを使って福岡→羽田と費用を抑えながら飛んだり、
JALやANAのマイラーなら少し値が張ってもいいからマイルを貯めたいなんて理由でそっちを使う方もいるでしょう。


しかし、JGC修行中の茶髪は違います。

回数修行中の身なので、1便でも多くのJAL便に搭乗しないといけません。

そこで、せっかくなので福岡→羽田と単純に飛ぶのではなく、
福岡→宮崎→羽田と乗り継いで行くことにしました。

こうすることで往復で2レグしか稼げないところが、4レグになりますからね。


そんなわけで、今回はそんな修行兼出張のフライトについて書いていこうと思います。

福岡宮崎修行以来の福岡~宮崎線 JAL3629便

福岡~宮崎路線は、以前1月に行った福岡宮崎往復修行以来の搭乗です。

この路線の搭乗はもう慣れたもので、搭乗口の確認なんかしないでも、余裕で乗れちゃうのです。

何も確認しないまま保安検査場(南)を抜けて、いつものようにターミナルの1番端にある搭乗口に向かいます。

呑気に歩いていると、あることに気が付きます。
そういえば、さっき搭乗券を発券したときにカウンターのお姉さんが、「搭乗口3番になります」と言っていたことを。

ふと目の前の搭乗口の番号を見てみると、7番搭乗口。
その先にあるのは、8,9,10番搭乗口。

つまり真逆に歩いていたんですね…反省。


http://www.fuk-ab.co.jp/map_dom2/

上の図のように福岡空港を横断していきます。

これが地図で見ると大した事ない距離に見えるのですが、
実際に歩いてみると結構な距離があります。

しかもところどころ工事中で通路が狭くなっていてぷち渋滞になっていたりするので、
皆様は搭乗口を確認して1番近い保安上からまっすぐ目的の搭乗口に向かいましょう。
(当たり前のことですね 笑)


そんなわけで、しばらく歩いて搭乗口3番に到着しました。



しばらく前の座席に座って待っていると、折り返し宮崎行きとなる便が到着しました。

すると、修行僧にはお馴染みのあのアナウンスが。

「引き続き宮崎へご出発のお客様いらっしゃいませんか~」

毎回このアナウンスを聞く度に思いますが、一般の方からすると意味不明なアナウンスですよね…

宮崎から福岡までわざわざ来て、そのまま戻るわけですからね。
普通に考えたら意味がわかりませんよね 笑

まあそんなことを考えていたら修行はできませんので、回数修行僧の方々はこんな試練も乗り越えていかなくてはなりません。


時刻になり、機内へと乗り込みます。

飛行機は定刻で出発…と思いきや、福岡空港名物の滑走路渋滞に巻き込まれて、結局10分遅れで離陸となりました。

上空は、宮崎までずーっと雲の中を飛行。

真っ白というよりは灰色の雲の中をひたすら飛び続けました。

機内でウトウトしていると、あっという間に宮崎へと到着しました。

昼食は宮崎空港内の響でラーメンを食す

次の羽田行きの便まで約2時間ほどの時間があったので、ちょうどお昼ということもあり昼食を宮崎で食べることにしました。



本当ならば宮崎駅までJRで移動をしようと思っていたのですが、往復するには時間が微妙だったのと、外は大雨だったので空港内で済ませることにしました。

しかし、いざ空港内で食事をしようとすると、レストランや寿司屋ばかりで値段の高いこと高いこと…

福岡空港と違って宮崎空港内にはチェーン店は入っていないので、あまり安い値段で食事をすることができません。

そんな中、1Fを歩いているとラーメン屋を見つけました。



こちら、宮崎空港1Fの東側にある響というお店。

ラーメンなら多少高くても千円以上にはならないだろうということで、お店に入りました。

ラーメンの写真は撮っていませんが、食べた感想は、美味しいかったです。

値段は700円程度と、九州だと少し高い気がしますが、値段相応の美味しさだったので問題なしです。

旅行で宮崎空港を使う人はもちろんのこと、修行で宮崎空港へ来る方も食事で使ってみてはいかがでしょうか。

引き続き羽田へ向けて出発 JAL629便

食事を終え、満腹になったところで引き続き羽田へ向けてフライトするため搭乗口に向かいます。



1つしかない保安検査場を抜けて、搭乗口9番の前にやってきました。

搭乗まで少し時間があったので、窓際の席でPCを開いて学会の資料を準備することにしました。

こんな呑気に飛行機に乗っているだけのような茶髪ですが、実は飛行機の待ち時間にノパソで学会や就活のことをやらないといけないぐらいにはバタバタしているのです… 笑

そんな感じで少しの時間集中して作業をしていたのですが、ふと窓の外を見てあることに気が付きました。



あれ…機材小さくない…?

どうみてもあの機材ってエンブラエル170ですよね…

でも次の便って宮崎→羽田便ですよね…

JALアプリでササッと検索して(JALアプリの便利さは以前の記事を見てくださいね)機材を調べてみると、やはりE170。

いやーこれは驚きですね。
あの大都会羽田空港にE170で乗り込むとは…恐るべしJ-AIR。

そんなわけで、福岡→宮崎→羽田をE170からE170への乗り継ぎで羽田へ向かいます。



搭乗時刻になり機材へと乗り込みました。

外は大雨。この日の九州は全域で雨の予報でした。
しかし出発時刻になると、問題なく定刻で飛び立ちました。

離陸後、道中は福岡~宮崎便と同様、ほとんど雲の中でした。

E170は小さな機材のため、福岡~羽田便で使われているような777と比べると低い高度を飛行します。

そのため、曇りの天気の日は雲の中のフライトが多くなってしまいます。
眼下の景色を見るのが好きな茶髪にとっては残念でなりません。


その後、飛行機は順調にフライトして予定時刻通り羽田空港に到着しました。

羽田到着後は、今回の目的である学会会場へと向かいました。


学会発表と就活を東京で行い、再び福岡に向けて帰ってきたのですが、
復路についてはまた次回の記事で書こうと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿