羽田空港で遅延に巻き込まれた時のお話


先日私用で東京に行く機会があったのですが、その帰りの便で遅延に巻き込まれました。

今回自分が乗ろうとしていた便は、羽田16時05分発福岡行きJL325便です。

フライト当日、2時間以上早く空港にたどり着き空港内の施設を堪能した後、保安検査場をくぐり抜け、のんきに搭乗口の前で座っている時に不幸の知らせが建物内に響き渡りました。

「福岡行きの325便1時間以上遅延のお知らせ」

遅延のお知らせでした。
当初の16時05分から17時20分に出発時刻が遅れるとのことです。
どうやら原因は機材遅れのようです。
自分が搭乗予定の機材は新千歳からの機材らしく、搭乗日の数日前から北海道は大雪に見舞われているためその影響を受けたようです。

飛行機が遅れるなんていうのはよくあることです。LCCなんて遅延が日常茶飯事です。
今まで旅行先で色々な遅延や運休に巻き込まれてきたので、1時間程度の遅延では驚きません。

今回驚いたのは、JALの対応とスマートフォンのアプリや機能です。

まずはJALの対応について。
遅延のアナウンスの直後から、別のアナウンスが始まりました。

「本日限り空港内施設で使えるクーポン券をお配りしております」

良く大手のエアラインに乗る方で、遅延に巻き込まれる方にはおなじみなのかもしれませんが、
大幅な遅延が発生すると、その時間に対応した空港内でその日限り使えるクーポン券がもらえます。

以前友人が学会に飛行機で行く際、遅延して貰ったという話は聞いたことがあるので存在は知っていたのですが、自分が貰うのは初めてです。

遅延で周りがザワザワイライラした雰囲気の中、少し茶髪はテンションが上っておりました。

今回貰ったのは、1000円分の券でした。


ちなみに、今回搭乗した便は満席。
使用機材は777-200。座席数は375もあります。
つまり、375×1000円分の損失が1時間遅延するだけで発生するということです。
そう考えるとすごい対応ですよね。

さて、いざ券を利用しようとしていくつか疑問が浮かびました。
この券は飲食物以外にも利用できるのか、1000円未満の物を買ったときはお釣りが出るのか、1000円以上の物を買ったときは差額分だけ払えば良いのかなどなど…

考えていてもしかたがないので、搭乗口の近くにあるBLUE SKYの店員さんに聞いてみました。
その結果、食べ物以外の本などにも利用でき、1000円未満のものを買った場合はお釣りが出ず、1000円以上のものを買う場合は差額だけ払えばよいとのことでした。

茶髪は保安上を抜ける前に食事を済ませ、直前までコーヒーを飲んでいたので飲食物以外に使えるというのは助かりました。

お店の本コーナーを見ていると、ちょうど買おうと思っていた月刊AIRLINE1月号がありましたので、今回はそれをチョイスして1000円の券と差額を現金で払い購入しました。

遅延自体はよろしくないですが、欲しかった本を買うことができたのでとりあえずは満足です。


さて、次に驚いたのがスマートフォンの機能についてです。

茶髪はAndroidのスマホを使っているのですが、機能の一つにGoogle Nowというアプリがあります。
このアプリは、ユーザーのこれから行いそうなことや知りたい情報などを予測して色々教えてくれるアプリです。

そのアプリがJAL便に乗る際に出発時間や搭乗口を当日になると教えてくれるのはいつものことなのですが、遅延した時や、搭乗口が変更になったときはどのような情報を教えてくれるのか以前から興味がありました。

そして今回、運が良く?遅延に巻き込まれたので、スマホを監視しておりました。
まず遅延のアナウンスと同時に、JALからGmailに遅延と搭乗口変更のお知らせのメールが届きました。(茶髪はJALからの連絡がGmailに送られるように設定しています)


するとその数分後、搭乗口と変更後の出発時間をお知らせしてきたのです。


どうやらGmailの内容を読みとって表示する仕組みになっているようです。

今回茶髪は早めに空港入りしていたため遅延や搭乗口変更の知らせを知ることができましたが、ビジネスマンなどがギリギリの時間に空港入りするときは、空港に向かう途中で情報がわかるので非常に便利な機能だなと思いました。


さて、ここまで茶髪が遅延に巻き込まれた時の話をしてきました。

ちなみにこの記事を書いている今現在、羽田空港の8番搭乗口前でパソコンを広げております。
記事の公開はまた後になると思いますが、記事自体はリアルタイムで空港で書いています。

普段だったらただの遅延も、ブログのネタとして今回は適応できたのでまあ良しとしましょう。


最後に写真を一枚。
スマホで撮ったものなのであまり綺麗ではないですが、羽田から離陸後すぐの写真です。

あまりの綺麗さに思わず窓を凝視してしまいました。
定刻に出ていたらこの夜景は見れなかったので、遅延したことに感謝です。

夜景を見たい方、羽田発の夜の便なんてのもおすすめですよ。

旅客機ファンの方で遅延やトラブルも楽しむという方がいらっしゃいますが、
今回少しその気持ちがわかった気がしたフライトでした。


0 件のコメント :

コメントを投稿