JGC修行(準備編)10 ~格安路線その9 「那覇~宮古・石垣修行の合間にいかが? 宮古~石垣」~|いつの日かファーストクラス

JGC修行(準備編)10 ~格安路線その9 「那覇~宮古・石垣修行の合間にいかが? 宮古~石垣」~

前回は、土日祝日だけ格安な値段で乗ることができる福岡~鹿児島路線を紹介しました。1日1往復と使い方は難しいですが、福岡~宮崎修行に飽きた方なんかにはおすすめです。

今回はまたまた南に戻り、沖縄の離島間路線を紹介したいと思います。離島間路線というと、以前紹介した奄美大島~喜界島を思い出す方もいるかと思いますが、あの路線よりはたどり着きやすい空港発着だと思います。

紹介する路線は、宮古~石垣路線です。以前の沖縄離島路線で紹介した、那覇~両空港と合わせると使いやすいかもしれません。

1レグあたり最安5,100円の宮古~石垣路線

まずはいつも通り予約画面を見ていきましょう。今回は逆区間も載せたいと思います。



上の画像が宮古→石垣、下の画像が石垣→宮古です。

この路線の注意点は、同じ日であっても便によって予約できる運賃が異なることです。

宮古→石垣路線は、RAC837便だとウルトラ先得が使え、最安値の5,100円で乗ることができますが、一便前のRAC833便は先得割引しか使えず、9,600円となってしまいます。石垣→宮古路線も順番は逆ですが、同様の料金形態となっています。

そのため、実質1日1往復のみしか回数修行としては使えないと思います。

那覇~宮古・石垣の単純往復が飽きたり嫌な方におすすめ

以前の記事、JGC修行(準備編)③~格安路線その2 「沖縄離島路線」~で紹介したように、那覇発着の路線で、宮古・石垣路線は1レグあたりの値段も安く、しかも本数も多いため単純往復でかなり1日に搭乗回数を稼ぐことができます。

しかし、人によっては単純往復は好みでなかったり、飽きてしまう方もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、今回紹介した宮古~石垣路線です。

例えば、午前中は那覇~石垣を数往復し、石垣~宮古路線に乗って宮古に移動、そこから宮古~那覇を数往復するというプランを考えることができます。

また、簡易アイランドホッピングなプランも作れます。

詳細な説明は今後しますが、現在茶髪は以下のような簡易アイランドホッピングプランを計画し、便の予約も済ませています。


茶髪の最寄りの空港である福岡空港から那覇入りし、そこから那覇→宮古→石垣→那覇と戻ってくるプランです。

今回の茶髪のプランでは、石垣→那覇をあえて最終便にしているために20:45着になってしまい、当日中に福岡に戻ることはできませんが、1便前に乗れば最終の那覇~福岡便に間に合うはずです。また、逆回りのプランでも1日のうちに戻ってくることも十分可能です。

このように、回数修行の路線として定番の那覇~宮古・石垣路線と組み合わせを行うことで、他の人とは一味違ったプランを計画することも可能となります。

そういう意味では、回数修行の良いアクセントとなる路線ではないでしょうか。

まとめ

今回は、沖縄の離島間路線の宮古~石垣を紹介しました。最安値の5,100円は1日1往復しか設定されていませんが、那覇~宮古・石垣便と上手く組み合わせることで輝いてくる路線だと思います。記事の最後で少し説明した簡易アイランドホッピングプランですが、後日修行開始前に一度詳しく説明したいと思っているのでお楽しみに。


0 件のコメント :

コメントを投稿