JGC修行(準備編)7 ~格安路線その6 「北海道の格安短距離路線 函館~奥尻」~|いつの日かファーストクラス

JGC修行(準備編)7 ~格安路線その6 「北海道の格安短距離路線 函館~奥尻」~

前回は東北地方の値段の安めな路線、山形~羽田路線と、仙台~新千歳路線を紹介しました。東北地方は他の地域と比較すると格安な路線が存在しないことがわかったかと思います。さて、今回は北海道内の格安路線について紹介します。

北海道内路線は、沖縄離島路線と同様、短距離路線がたくさんあるので値段が安そうに思うかもしれませんが、調べてみると案外そうでもありません。

そんな中、1路線だけ短距離かつ格安な路線が存在しました。それは函館~奥尻島を結ぶ路線です。

さて皆さん、紹介を始める前に奥尻島とはどこにあるかご存知でしょうか。

奥尻島ってどこ?

茶髪は北海道にも旅行で行ったことがあるので、奥尻島の位置はどこかはわかります。しかし一般には、ほとんどの人がわからないのではないでしょうか。いつものごとく地図を載せたいと思います。


上の地図を見てわかるように、奥尻島は北海道の西側に位置する離島です。対岸には江差町があります。
以前茶髪は、函館から江差まで、現在は廃線になってしまった江差線で旅をしたことがあります。冬の江差は波が高く、荒々しい雰囲気だったのを覚えています。

また、奥尻島というと北海道南西沖地震で発生した津波が押し寄せたことでも有名かもしれません。

さてそんな奥尻島ですが、函館~奥尻島路線は以下のような短距離の路線になります。


北海道の入り口、函館空港から、奥尻空港までの路線となります。地図を見てもわかるように、飛行距離はすごく短いです。

1レグあたり7,500円の函館~奥尻路線

さて、そんな北海道唯一の格安短距離路線の値段を見ていきましょう。


最安値は先特割引の7,500円です。先得割引はウルトラ先得と比べて、28日前まで予約が可能なため、予定が立てやすくなると思います。

ただし、上の予約画面を見てもわかるとおり、1日1便のみの設定のため、回数修行となるとかなりの日数が必要となってしまうのが残念なところです。

また、注目すべきは飛行時間です。函館11:15発の奥尻に11:45着です。なんとわずか30分しかかからないのです。これはまさしく短距離路線と言えると思います。

しかし短距離路線となると問題となることがあります。
今までの記事を読んできた方ならお分かりかもしれませんが、それは1レグあたりのFOPです。


1レグあたりのFOPが112となってしまいます。いつも通り、50回搭乗したと考えてみましょう。

112×50回=FOP5,600

50回乗ってもわずかFOP5,600しか貯まりません。この路線を使う場合は、回数修行のメインとしてではなく、回数稼ぎとして数回搭乗するというのが良いと考えます。

まとめ

今回は、北海道内路線の格安短距離路線である函館~奥尻路線について説明しました。北海道内には短距離路線が多数あるのですが、その中で格安な路線は紹介した路線のみです。また、函館~奥尻は非常に短距離のため飛行時間が短いですが、1日に1便しか飛んでいないため1日に数レグ稼ぐというやり方は使えません。また1レグあたりのFOPが非常に少ないので、回数修行のメイン路線としての使い方は難しいと考えられます。



0 件のコメント :

コメントを投稿