JGC修行(準備編)6 ~格安路線その5 「東北地方のそこそこ安い路線達」~

前回は中部地方の格安路線として中部~羽田路線を紹介しました。主要都市間の路線でありながら、回数修行に使えるほど格安な路線という珍しい路線でした。さて、今回はまたまた東へエリアを移動して、東北地方の格安路線を紹介したいと思います。

しかしその前に、まず最初に東北地方在住の方に残念なお知らせをしなければなりません。

回数修行は東日本は不利?格安な路線が存在しない東北エリア

記事のタイトルに堂々と格安路線なんて書いてしまっていますが、JALグループの航空路線で、東日本エリアには格安な路線が存在しません。

存在しないというのは、あくまで前回までに紹介した路線に比べたらという意味です。ウルトラ先得を使えば、通常料金よりは割安でどの路線も搭乗できます。

格安の定義は、1レグ7,000円以下と茶髪は考えていますので、そのような路線は残念ながら東北地方には存在しません。

さて、何故東北地方には格安路線が存在しないのか、その原因は離島路線などの短距離路線が存在しない、もしくは短距離路線が存在しても先得が設定されていないからと考えられます。

JALが就航している東北エリアの空港は以下の空港です。

・青森空港
・三沢空港
・花巻空港
・秋田空港
・仙台空港
・山形空港

福島県以外の東北各県に最低でも1つの空港があることがわかるかと思います。空港の数は多いのに何故短距離路線が存在しないのか。それは、これらの空港の主要な行き先は、東京、大阪、北海道などの主要都市のみだからです。

東北エリアから大都市圏まで飛ぶとなると、必然的に距離が長くなるので料金も高くなる傾向にあります。

以前に、東京から青森まで鈍行で移動したことがあるのですが、東北エリアは物凄く広いです。同区間を走る新幹線や寝台特急(今はなくなりましたが)にも乗ったことがありますが、それでも移動にはかなりの時間が必要でした。

茶髪は東北間の移動用に短距離路線があってもいいじゃないかと思いますが、採算が取れないのでしょうか、残念ながら存在しません。

東北地方でそこそこ安い路線① 山形~羽田路線

そんな中、ウルトラ先得を使うことである程度値段を抑えて乗ることができる路線が存在します。それが、山形~羽田路線です。まずはいつも通り予約画面を見てみましょう。


最安値は8,890円となります。これは今までの格安短距離路線に比べると割高感が否めません。

しかし他の東北地方空港発の羽田行きの便だと、ウルトラ先得でも1万円超えが普通なので、それに比べると安いと考えられます。

値段が高いならせめてFOPは貯まって欲しいところですが、


1レグあたりFOP286ということで、いつものごとく単純に×50回してみると、

286×50回=FOP14,300

となります。他の路線と比べてもおすすめとはお世辞にも言えなそうです。

山形県在住の方や、羽田周辺に在住で、観光しながら数レグ稼ぐのに使うのにはいい路線ではないかと思います。

しかし、回数修行のメイン路線としてはあまりコスト面でおすすめしません。

東北地方のそこそこ安い路線② 仙台~新千歳路線

続いて、こちらもそこそこ値段の安い仙台~新千歳路線を紹介したいと思います。予約画面を見てみましょう。


こちらの最安値は8,600円、最高値でも9,300円とそこそこ安い値段と言えると思います。この路線の特徴は、山形~羽田路線よりもFOPが貯まることにあります。

一回あたりのFOPが502となるので、50回の搭乗では、

502×50回=FOP25,100

となり、値段の割にはFOPが貯まりやすいということがわかるかと思います。

仙台空港にアクセスできる方で、北海道に観光しながら数レグ稼ぐという使い方にもいいかなと思います。

しかし、こちらも山形~羽田路線同様、回数修行のメインとして使うには1レグあたりの単価が高いので、あまりおすすめはできません。

まとめ

今回は東北地方にある値段の安めな路線について紹介しました。東北地方には格安な短距離路線が存在しないため、どうしても1レグあたりの値段が高くなってしまいます。そんな中で、山形~羽田路線、仙台~新千歳路線は最安値では1レグ9,000円以下とそこそこ安い値段で飛ぶことができます。回数修行のメインとしては厳しいですが、観光等を兼ねた数レグの搭乗にはおすすめです。

0 件のコメント :

コメントを投稿