JALグローバルクラブ(JGC)に入会したい!2 ~入会条件(搭乗実績)~|いつの日かファーストクラス

JALグローバルクラブ(JGC)に入会したい!2 ~入会条件(搭乗実績)~

JALグローバルクラブ(JGC)の入会条件とは?

JALグローバルクラブ(JGC)に入会したい!①で説明したように、JGC会員は魅力たっぷりな制度が目白押しです。さて、そんなJGC会員になるためにはどのような条件があるのでしょうか。

引用:https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/enroll.html

JAL公式サイトには以下のように書かれています。


JALグローバルクラブ(JGC)は、以下の条件を満たされたお客さまがご入会いただけます。

1~12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。

JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。

JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。


上記条件をまとめると、大きく3つに分けられます。

・搭乗実績
・普通カード以上のJALカードを保有している
・JGC規約を守る

これら全ての条件を満たすと、晴れてJGC会員となります。
3つ目のJGC規約を守るに関しては、一般常識の範囲があれば問題ないと思いますので、
残りの2つについて説明していきます。

まず今回は搭乗実績について説明します。

条件①:搭乗実績

以前の記事でも書きましたが、JGCはJALグループをよく利用する有料会員のための制度です。つまり搭乗実績が高くなくては入ることができません。搭乗実績が高いことを示すにはどうすればいいのか、それが先ほどの条件のうちの一つです。

・搭乗回数が50回以上(FLY ON ポイントが15000以上)
・FLY ON ポイントが50,000ポイント(うちJALグループ便25,000ポイント)以上

このいずれかを満たす必要があります。

ここで出てきたFLY ON ポイント、聞いたことがない人が多いのではないでしょうか。
それぞれの条件を説明する前に、まずFLY ON ポイントの説明をしていきます。

※FLY ON ポイントとは

FLY ON ポイント(以後FOP)、何かのポイントということはわかりますが何のポイントなのか、またマイルとはどう違うのでしょう。

FOPはフライトでしか貯められないポイント、つまり実際に飛行機に乗らなければ貯めることができないポイントです。マイルは近所のスーパーで買い物をすることでも貯められますが、FOPは貯められないのです。そのため搭乗実績を示す条件として、FOPで判断されるのです。

さて、FOPが飛行機に乗らないと貯まらないのはわかりましたが、どのぐらい乗れば貯まるのか。
FOPは以下のレートで算出されます。

FLY ONポイント=フライトマイル×FLY ONポイント換算率+ボーナスポイント

※語句の説明
「フライトマイル」:区間マイルと、利用するクラスや運賃に対応したマイル積算率により算出される。
「FLY ON ポイント換算率」:日本国内線は×2倍 JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・オセアニア線は×1.5倍 上記以外の国際線は×1倍
「ボーナスポイント」:JALグループ便に搭乗する場合、利用運賃に応じて追加されるポイントのこと。

FLY ONポイントの計算式は、上記のようにかなり複雑です。
より詳細はJALの公式サイトや、もっと先人の修行僧のサイトを御覧ください。

具体例として福岡~羽田を先得運賃で飛んだ際のFOPを載せておきます。
※一般JMB会員の場合

フライトマイル「425」×FOPポイント換算率「2倍」=FOP「850」

となります。

搭乗回数の場合

JGCの入会条件の1つに、1年間の搭乗回数50回以上かつFOP15000以上というものがあります。これはルールとしては簡単です。要は50回飛行機に乗ればいいのです。国内線でも国際線でも構いません。ただし、JALマイルが加算されるフライトが条件です。

しかし冷静に考えてみると、年間50回も飛行機に乗る人はかなり一握りではないでしょうか。毎日のように出張で飛行機に乗っているサラリーマンでないと厳しいように思えます。

回数条件でJGCを目指す場合、羽田~ヨーロッパのような長距離に飛んでも、那覇~石垣島という近距離に飛んでも回数は1回です。
つまり、回数条件を満たすには近距離路線をたくさん乗ればいいのです。

JAL国内線の短距離路線で値段が安い区間がいくつかあります。例として、福岡~宮崎、那覇~石垣、那覇~宮古、那覇~久米、伊丹~但馬などがあります。これら区間をひたすら往復して回数を稼ぐという技もあります。一般人からしたらわけのわからない飛び方ですが、このようにしてなるべく予算をかけずにJGC会員になることも可能です。
(というより、出張族でもないと、このようなやり方をしないと回数条件を満たすのはほぼ不可能です。)

以前にも少し書きましたが、このように何往復も同じ区間を乗って回数を稼ぐことを修行と言ったりします。
ただひたすら飛行機に乗って、行ったり来たり。体力的にも精神的にも修行という言葉がぴったりです。

FLY ONポイント(FOP)の場合

FOPは先程説明したように、実際に飛行機に搭乗することによって貯まるポイントです。このポイントを50000ポイント以上貯めることによってJGCの入会条件を満たします。
ではどれぐらい飛行機に乗ればいいのか、基本的に距離が長いほどフライトマイルがたくさんもらえるので、FOPも貯まります。
例として、羽田~那覇を先得運賃で飛んだ場合を考えてみます。

フライトマイル「738」×FLY ON ポイント換算率「2倍」=1476ポイント

つまり往復で約3000ポイントです。単純計算で17往復すると50000ポイントを達成します。

FOPを貯める場合、国際線で距離を稼いだほうが効率的です。
有名な修行ルートとして、OKA-SINというルートがあります。OKAは那覇空港、SINはシンガポール・チャンギ国際空港を示します。どんなルートかというと、

東京‐沖縄‐東京‐シンガーポール‐東京‐沖縄‐東京という飛び方をします。

何をわけのわからないことを、と言いたくなる気持ちもわかります。
ただこの飛び方をすることで、なるべくお金をかけずに効率よくFOPを稼ぐことができるのです。
その年の制度やキャンペーンにも影響されますが、このOKA-SINを3~5回とプラスαで、50000FOPを達成します。
世の中には、条件を満たすためだけにOKA-SINを行い、シンガポールに着いたら即折り返し羽田に戻るという強者もいます。ちなみにこれをSINタッチなんて呼んだりします。

まとめ

JGC会員になるための入会条件の一つ、搭乗実績についてみてきましたが、どうでしたでしょうか。はっきり言って、かなり飛行機に乗らないといけないので厳しい条件に思えます。しかし、JGCは一度条件を満たしてしまえば、継続して会員になり続けることができます。極端な話、一度も飛行機に乗らなかったとしてもです。一年間だけ搭乗条件を満たす、というのは不可能じゃないと茶髪は思います。今後の受けられるメリットを考えれば、十分修行を行う価値はあるのではないでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿