JALグローバルクラブ(JGC)に入会したい!1 ~JGCについて学ぼう~|いつの日かファーストクラス

JALグローバルクラブ(JGC)に入会したい!1 ~JGCについて学ぼう~

まずはJALグローバルクラブ(JGC)について学ぼう

引用:https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/

JALグローバルクラブ(JGC)とは、日本航空(JAL)が提供する会員制度の1つです。
入会条件を満たすと、もマイルが貯りやすくなったり、空港や飛行機内で上質なサービスが受けられるなど、飛行機によく乗る方は、出張や旅行がより快適になる会員サービスです。

JGCは普段から出張や旅行などでJALを多く利用する(優良顧客)の人に、よりJALを利用してもらうための制度です。JGCの特徴として、一度入会条件を満たしてJGCを取得してしまえば、生涯資格が継続します。
本来ならば、毎日のように仕事で飛行機に乗っているような人が入れる制度なのですが、
一度資格を得てしまえば生涯継続するため、入会条件を満たすために1年間だけ飛行機に乗りまくりJGCを取得する人が一定数存在します。
その人達のことをJGC修行僧と呼び、JGCに入るために飛行機に乗ることを修行と呼んだりします。

JGCの会員特典

なぜわざわざ高いお金を払ってまで飛行機に乗りまくってJGCを目指す人がいるのか。それはJGC会員が受けられる上質なサービスがあるからです。
大きく分けて以下のような3つのサービスがあります。
1.航空会社が運営するラウンジ(サクララウンジ等)の利用
2.予約・搭乗時のサービス
3.マイレージ関連のサービス
それぞれについて見ていきます。

1.航空会社が運営するラウンジ(サクララウンジ等)の利用

皆様も羽田空港のような大きな空港でひときわオシャレな扉があるラウンジを見たことがあるのではないでしょうか。そう、あれが航空会社が運営するラウンジです。

引用:https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/lounge.html

空港が運営するラウンジは、クレジットカードのゴールドカードを持っている人や、一般の方でも使用料金を払うことで入ることができます。しかし、JALやANAなどの航空会社が運営するサクララウンジやANAラウンジは、お金を払っても入ることはできません(羽田空港の一部のサクララウンジを除く)。入るためには、ファーストクラスやビジネスクラス以上の座席を予約しているか、航空会社が発行する会員制度の、一定ステータス以上の人のみが入れます。JALが運営するサクララウンジの場合、後者の一定以上のステータス会員にあたるのがJGCです。また、先ほど一般の方はお金を払ってもサクララウンジに入ることはできないと説明しましたが、JGCの特典の一つに、会員本人と同行者1名様まで無料でラウンジへ入室できるというものがあります。この特典を使えば、友人や家族との旅行の際に、自分と友人2人がサクララウンジを利用することが可能になります。

ここまでラウンジに入る方法について述べてきましたが、そもそもラウンジに入れることはそんなに意味のあることなのでしょうか。ラウンジに入れなくても飛行機には乗ることができるし、大して意味が無いかと思う方もいるかもしれません。航空ラウンジとはどんなサービスが受けられるのでしょうか。
例として…
食事やドリンク(アルコールも含む)が無料で提供される。
・シャワールームがある。
・携帯の充電が行えたり、新聞や雑誌が読める。
などがあります。
一番の特徴は食事やドリンクが無料で提供されることだと思います。

本来ならビジネスクラス以上のチケットを購入した方へ提供されるサービスなので品質は一級品です。もしJGC会員になれば、先得などの格安で予約したエコノミーのチケットでもサクララウンジを利用できるようになるので、空港での待ち時間がより快適になると思います。

2.予約・搭乗時のサービス

JGCの特典として、飛行機の予約や搭乗時に優先したサービスを受けることができます。

まずは予約時のサービスについて
1.会員専用の予約デスク
JALグループ便を予約する際は会員専用の予約デスクで予約を行うことができます。
2.予約時の優先キャンセル待ち
希望便が満席の場合、他のキャンセル待ちの人達よりも優先してキャンセル待ちを行うことができます。
3.前方座席の指定サービス
予約後に座席指定を行う際に、前方座席を指定することができます。着陸後、他の乗客に待たされることなくすぐに降機することが可能になります。

次に空港・搭乗時のサービスについて
4.チェックインサービス
JALグループ便を利用する場合、一般とは別の専用カウンターでチェックインが行えます。一般の乗客に待たされることなく、スムーズにチェックインが行えます。
5.空港での優先空席待ち
JALグループ便、ワンワールド アライアンス加盟航空会社便利用時に、空港にてご搭乗当日空席待ちをされる場合、JGCカードをご提示いただくことにより優先的に取り扱ってもらえます。台風や大雪などで当日乗る予定だった便が欠航になった時に、優先的に他の便に振り替えてもらえます。
6.専用エントランスの使用権利
JALグループ国内線を利用時に、JGCカウンター横にある、保安検査場に通じるエントランスを利用することができます。これを使うことによって保安検査場で待たされることがなくなります。
7.優先搭乗
搭乗の際に他の人よりも先に、優先的に搭乗できます。他の人よりも先に搭乗すると、座席上の荷物が自分の席に近いところに置けます。上記した前方座席指定サービスと併用すれば、乗機降機の両方がスムーズに行なえます。

これらがJGCのサービスの一部です。
上記のサービスを受けられると予約時や空港でのイライラが減ることは間違いありません。

3.マイレージ関連のサービス

JGC会員は一般のJMB会員よりもマイルが貯まりやすくなります。

1.初回搭乗時にJALカードの搭乗ボーナスとは別に3000マイルがもらえる

まず、JALカードを保有しているJMB会員にはJALカード初回搭乗があります。一般カードと学生向けのnaviでは1000マイル、その他のカード(CLUB-A以上)であれば2000マイル貰えます。

JGC会員になるためにはCLUB-A以上のカードを持つ必要があるので、必然的に2000マイルもらえます。これとは別にJGC会員ならば、3000マイルをもらうことができます。

つまり毎年初回登場時に5000マイルをもらえるのです。


2.ボーナスマイル積算率が35%
搭乗するごとに、フライトマイルとして区間マイル×運賃別の積算率がもらえます。
これは一般会員でもそうなのですが、JGC会員の場合は更に上記式×35%がもらえます。
具体例として、福岡~羽田を先得運賃で予約した場合の、一般JMB会員とJGC会員のフライトマイルを比較します。

・JMB会員
福岡~羽田の区間マイル「567マイル」×運賃3(先得運賃の場合の積算率)「75%」=425マイル
・JGC会員
福岡~羽田の区間マイル「567マイル」×運賃3(先得運賃の場合の積算率)「75%」
+上記フライトマイルの35%「149」=574マイル

つまり、区間マイル×積算率×1.35の分、フライトごとにマイルが貯まります。
このような理由で、一般会員よりも、マイルが貯まりやすくなります。

まとめ

JGC会員の特典についてお分かりいただけたでしょうか。
予約時や搭乗の際には優先してサービスを受けられ、空港ではサクララウンジでまったり。
貯まったマイルでまた旅行と飛行機によく乗る方にはおすすめの会員制度です。
JGCの資格は、無くても問題ないけれど、会員になれば飛行機の旅がより楽しくなるのは間違いないと思います。
概要だけさらっと説明したので、より詳しく知りたい人はJALの公式サイトを見て下さい。

0 件のコメント :

コメントを投稿